②同志との出会いと白衣の顧問激怒

こんにちは、うすまさです。


前回、吹奏楽部に入るつもりだった僕が、ひょんなことから放送部に入部しました。


部室には10何人かの先輩らと、手前に4人の新入生、奥に顧問と思われる白衣の先生がいました。

新入生のいちばん後ろに座ると、とりわけはしゃいでる男の先輩が声をかけてくれました。


「なんかでかい奴きたなぁ。ていうか新入生少なくないw お前増えろよw」


無茶というかなんというか、いきなり絡んでくる先輩に僕は動揺しました。

この人は江上先輩、僕の一個上の人でした。


「部登録の紙、下だけ切って出してね」

部長と思われる人が言いました。


まだ“吹奏楽部”と書いた紙を出し、僕は書き直しました。

ハサミあったかなぁ....

リュックの外ポケットを探すと、たまたま奥に入っていました。

手を突っ込んで取り出すと、前に座っていた細身の男の子が声をかけてきました。


「このハサミ...よかったら、使って...」


「ん、おおう、ありがとう」


僕はもう、自分のハサミを手にしていました。

にも関わらず、ハサミを貸してくれた前の子。


なんなんだこいつ....まあ、気持ちはありがたいし使わせてもらおう。

彼の名前は井上くん。

細身で背が高く、人と話すのが苦手なタイプのようでした。

こいつとこれから一緒に部活か....上手くいくのかな....


その前に座っていたのは女の子3人。大人しい色白の子、背が高くスラッとした子、小さくて元気な子。

この5人でどんな毎日が始まるのか、僕には全く想像できませんでした。



最後の僕が紙を出したところで、部長挨拶が始まりました。特に大したことを言ってなかったので(たぶん)、内容はおろか名前すら覚えていません。


先輩方から順番に挨拶が始まり、各々が自分の分野を言いました。

「個人部門を主にやっています」

「主に番組やってます」

「校内放送メインにやってます」


楽しい雰囲気で進んでいくと、奥の水道橋博士に似た白衣の先生が声をあげていました。

「おい、さっきから聞いとったら個人部門ってなんやねん。アナ朗は個人じゃなくて、みんなでやってくもんや。だからいつも大事なところで他所に負けんねやろが」



全員がいっきに静まりかえり、僕は目が点になりました。

やべ、この先生厳しいタイプかぁ。てか、個人は個人じゃんそれ結局。失敗したかなぁこれ。


そう心の中で呟いた刹那、副部長の上田さんが言いました。

「先生、新入生の前で怒るのはやめて下さい」


いや、この先輩すげ。その度胸どっからくるの。


そしてまもなく次の順番の人が自己紹介をはじめ、僕にまわってきました。

「うすまさです。何ができるかよく分かってないんですが、よろしくお願いします」 


だってそうです、何するか全然知らなかったんですから。何とも言えないんです。

そして前の井上くんが

「井上です。何でもやります。よろしくお願いします」


何でもってなんだよ、バイトかよ。

心の中で僕は小馬鹿にしていました。

そして前の三人が話したあと、顧問の先生に。


「顧問の舟井戸です。今まで30年ほどずっと放送部の顧問をしてきましたし、自分も高校時代は放送部でした。先輩ら色々やってるから、新入生も色々ついていったらいいと思います。さっき誰かが『何でもやります』って言ったよね。うん、それがいいと思います、何でもやってみてください」


小馬鹿にしていた井上が褒められたことが、僕は少し尺でした。今思えば性格悪かったと思います。



その日の部活はそれでほとんど終わり、僕は帰り道、井上に話しかけました。

「よろしく、井上くん」

「あぁ、うん、よろしく」


ちょっと偉そうな返しをされました。どうやら、顧問の先生に少し褒められて鼻が高いようです。そんな彼に僕はますます腹がたちながら、この先の部活動に対しての不安がつのっていきました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

うすまさ

こちら北館3階放送部

ひょんなことから入った放送部。何をやるかも知らなかった自分、遅刻無断欠席逃亡とやりたい放題だった自分が気付けば放送部に青春をささげていました。人生で初めて出会った、泣いて笑って無我夢中になれたもの、それは北館3階からオンエア
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。