①すべてのはじまり、部登録

2013年春、私は高校に進学しました。

第二志望ではあったけれど、高校生活には希望に満ち溢れていました。

入学からまもなく、部活動の仮入部期間がスタート。中学時代、吹奏楽部でトロンボーンを吹いていた私は、そのまま吹奏楽部に入るつもりだったので、どこにも見学には行きませんでした。

そのまま1週間が経ち、部登録前夜。

僕は、中学からの友達で、同じ吹奏楽部だった友達にメールを送りました。

「部活どこにするか決めた? また一緒に、音楽やろうや」


すると返信は、意外なものでした。

「私はもう、やりたないし、高校はまた違うことしたい」


えぇぇ、マジで!?

予想外の返信に、僕は驚いたと同時に、このまま安直に入部していいのかと

少し考えるようになりました。


部登録当日、放課後。

吹奏楽部の部室は、北館4階の音楽室

1年の教室があるのは南館4階で、4階には渡り廊下がないため

3階まで降りなければならない。


まだ慣れない校舎をさまよいながら僕は北館の3階に辿り着きました。

すると4階に向かう階段横の部屋から、とても賑やかな笑い声が聞こえました。

そう、その部屋が、放送部だったのです。


「高校は違うことしてみたい」

昨夜の友達の言葉が頭によぎり、僕も知らないセカイに

足を踏み入れようと思い、気付けば何の躊躇もなく放送部の部室の

ドアを叩いていました。


部室の奥から先輩らが順番に座っていて、手前には新入生と思われる

人達が4人座っていた。前に立っている先輩が僕に向かって言った。

「ここ放送部やで!?間違えてへん?」

「いや、僕入りたいんです」

仮入部に一度も現れなかった奴が、いきなり入ってきたのだ。

驚かれても仕方がないですよね。


もし4階に渡り廊下があれば、もし放送部の部室が3階になければ、

きっと入部することはなかったと思います。直感とその場のノリで僕は、

高校の部活を決めてしまいました。そのときの僕には、これから起こる出来事、ましてや自分の人生を大きく方向転換させることになるとは、全く想像できませんでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

うすまさ

こちら北館3階放送部

ひょんなことから入った放送部。何をやるかも知らなかった自分、遅刻無断欠席逃亡とやりたい放題だった自分が気付けば放送部に青春をささげていました。人生で初めて出会った、泣いて笑って無我夢中になれたもの、それは北館3階からオンエア
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。