見出し画像

歯医者さんで手を挙げるタイミング

歯医者さんで

「痛かったら手を挙げて教えてくださいね」

と言われたことがある方、いらっしゃると思うんですが、あれってどれくらい痛かったら手を挙げればいいのか、いつも悩ましいんですよね。

歯医者さんの意図を考える

もし歯医者さんが

「痛くて我慢できなかったら手を緩めるから教えてね」

という意図で言ったのだとしたら、多少痛くても我慢できるうちは訴えるべきではないでしょう。
しかしもし

「治療の参考にしたいので、痛みを感じる箇所があれば教えてね」

であれば、ちょっとでも痛みを感じたら手を挙げなければなりません。


どっちなんだろうなあ。

もう何年も通ってる歯医者さんで、今更聞きづらいなあ。

なんてことを考えながら、検診を終えて参りました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 小難しい話からアホな話まで、気の向くままに書いてます。 「スキ」を押すと、これまでの記事のエッセンスやどうでもいいネタがランダムで表示されます。

老いを「衰え」にするか「成熟」にするかは、あなた次第です。
2

U.T.パートナー

企業の可能性を引き出し「やりたい」を「できる」に変える「経営のパートナー」です。 noteには経営に関する蘊蓄、歴史や旅のネタ、気になった本の紹介などなど、色々書いていきます。 お問い合わせはこちらへどうぞ utpartner.biz@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。