小さな

僕は小さな冷蔵庫を買った。

僕は冷蔵庫を捨てた。その後。

GW初日に冷蔵庫をリサイクルに出した。

それから10日ほど経ったので、冷蔵庫のない生活がどういうものかを書いてみたいと思う。

ひと言でいうと、ほぼ何も変わりない。冷蔵庫があってもなくても、ほぼ同じ生活が続けられている。「ほぼ」というのは、若干の出来ないことが増えたという意味だ。

(下の画像は冷蔵庫があったときの様子。)

(次の画像は冷蔵庫が無くなった後の様子。)

例えば冷蔵・冷凍

もっとみる

ひとは孤独

人は孤独な生き物ですが、一人では生きていけないようにDNAレベルでインプットされてると思います。それは生き延びるためなのかなあと。

「一生もの」を信用しない。

とても気に入った服だったり、値段の高い服だったり、希少価値の高い服だったりすると、それらを「一生もの」として、ずっと大切にすることが多いでしょうか。ものを使い続けて大切にすることは尊いことだとされますよね。でも、その考え方には、ちと疑問があります。

最近、こんなことを考えています。

手持ちの服を減らしに減らします。例えばシーズンごとに5着までしか持たないようにします。フランス人は10着

もっとみる

身軽になる。

冷蔵庫を捨てる前に、まずはトースターを捨てた。

それは無印良品の製品で、ずいぶんと年季の入ったものだったが、問題なくまだまだ使える状態であった。それでも「もう使うことはないな」と、粗大ゴミとして回収をお願いした。

冷蔵庫の上に置いていたトースターが無くなっただけで、視界がずいぶんと広くなったように感じる。

そう、生活感が薄まったのだ。生活感というのは、それ自体に重みがある。その重みが安心感を

もっとみる

僕は冷蔵庫を捨てた。

僕は冷蔵庫を捨てた。

いや、実際は「これから捨てようとしている。」の段階だが、自分の中ではもう捨ててしまっている。

冷蔵庫のリサイクルを無印良品で申し込んだ。良品週間後のため配送が混んでおり、引き取りは3週間後となったが、じゃあそれまでは冷蔵庫を惜しみなく使い倒してやろうと、オーケーストアに行って買ってきたのは以下の3種類だった。

・炭酸水(ウィルキンソン)
・アイスクリーム数種類(チョコバ

もっとみる

生産性って。

ちきりんさんの生産性の本の隣に平積みされていて、これは!と一緒に買って、チビチビと読んでいた「生産性」を完読。

数年前、生産性がテーマのブログ記事を読んで衝撃を受けて以来、生産性を意識して仕事に取り組むようになったけど、この本には明日から取り入れてみようと思うヒントが盛り沢山。

のほほんなことが大好きだけど、合理的な考え方やスキルも大好きなのです。

これまでに出会ってきた、スローライフ的な日

もっとみる