見出し画像

お金

おはようございます!
前回、ヒト、モノ、カネの視点で偉そうにモノの所を書かせて頂いたんですが、今日は'カネ'についてみていきましょう!

カネ

皆さんこれについてはどう思うでしょうか?
お金自体は多面的で捉え方が沢山あるのですが、営業においてのお金の話となると、、、

お金が無い、という理由で断られる
高いと言われる、価格が合わない

こういった所で営業が上手くいかないことって凄く多いと思うんですけど、いかがでしょうか?(^^)

僕自身も売れない時というのは、こういうフワッとした理由で売れなかったです!笑
かと言って自分の営業のストーリーの中でどこがダメだったのかが反省出来ない(台本なし、常に一発勝負の舞台で且つお客さんからの感想は聞けない、みたいな笑)のが営業ですから、もう試行錯誤です笑

まず分かってないといけないのは、

営業=問題解決

ってことですね!
前回、押し売りしてでも売る自信、と話しましたが、どこからその自信が来るかってのは、基本的には

会社、商材、自分、営業という仕事

ここに自信を持つしか無くて、自分の扱ってるこの商品なら相手の問題を解決する事が出来る自信が絶対不可欠です!

正直、これが持てないなら営業は出来ませんので職業変えるしかないです笑

これが大前提で話すと、お金が無いから今のこの現状、問題を見送ることは死に値する(銃で撃たれて、対応処置あるけどお金無いから出来ない、と見送るのと同じ)
この想いで売らないといけないんです笑

なので、お金が無いとか何とかはだいたいが即決、もしくは買うのを避けるただの言い訳ですから、無視です!!問題に気付いていないだけなので、しっかり気付かせて自信持って売りましょう👍そうした方がお客さんも幸せになれるんです!

そうは言っても商品の価格は、特に社員の方は好きに決められないと思うので、この価格が適正な価格で且つむしろ安い買い物だと思わせないといけません!

ここからは、もう抑えるべきポイントは限られてきますので、
残った、ヒトの観点から紐解いていきましょー😊

読んで頂頂き方がいらっしゃったらありがとうございます‼️

#営業 #事業 #セールス #営業スキル #お金 #仕事 #販売 #売り方 #テクニック

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

片山 量太

片山量太といいます!25歳です!19の頃に京都の田舎から、上京しまして、2年養成所、1年間フリーで役者活動をさせて貰い、結婚→出産のタイミングで、初の就職。サラリーマンの生活に限界を感じる今日この頃ですが、自分を変える為、今は起業や事業について勉強しています(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。