お気に入り記事

4
ノート

【フリ虎】全部見せます!フリーランスの見積りの作り方

フリーランスになった時、一番最初につまづきかけたのがコレです。見積り。

それまで、企業のインハウスデザイナーだった頃は見積もりって営業さんが作ってくれていたんですよね。

実行予算書とかチェックしてはいたんだけれど、エクセルの雛形があって数字をポチポチ入れるだけでいいようにマクロ組まれていて、営業利益〇〇%がボーダーラインみたいなある程度のルールがあるわけですよ。

で、そうしたレールに乗っかっ

もっとみる
明日の話は「フリーランスにとって1番たいせつなこと」
46

「何者にもなれない焦り」と「何者かを目指している自分への酔い」

20代前半の頃脚本家を目指していました。
特に好きだったのはミニシアター系の派手ではないですが、小ぶりで人の心に残る映画をよく見ていました。何かしら映画業界に関わりたいと思うようになり、当時から文章を読むことや書くことがあったので脚本の学校に通っていました。

脚本の授業の内容は基本となるハコ書や物語の構成を座学で学び、その後は自分で書いたものをグループで発表し批評し合います。

コンクールにも応

もっとみる

「できない」のはその“方法”を知らないだけである

「〇〇ができない」は、限りなく「できる」に近づけることができると、僕は考えています。「できない」ということは、その方法を知らない(自分の中の解を持っていない)ということ。その方法が分かって実践すれば、完ぺきにまではいかないものの、「できる」のレベルを上げられるではと思っています。

というのも、ほぼ日で、糸井さんと西條剛央さんが対談をしているコンテンツの中で、「構造構成主義」についてこんな話が書か

もっとみる

私にとって「クリエイティブ」とは何か

月曜日に櫻田さん×チャーリーさんと「クリエイティブの正体」というテーマでイベントを開催したのですが、抽象的で正解のないテーマだったからこそ今も自分の中で「クリエイティブとは何か」についてぐるぐると考えてます。

お二人にとっての「クリエイティブ」の違いは、櫻田サロンのメンバーでもある行武さんの図解がポップでわかりやすいので、興味のある方はぜひ元ツイートに飛んでじっくり見てみてください。

個人的に

もっとみる
ありがとうございます!おかげさまで明日もnote更新がんばれます。
97