「スキ」でつながる場は優しく、温かい。夜のnote酒場でnoteユーザーでよかったと実感した話

運営者も参加者も全員がnoteユーザーのnote酒場に参加してきました。

感想としては、非常に場の空気が温かく、参加してよかったな~、またあったら参加したいと思える会でした。

note酒場とは

note酒場で大事にしたいことは、noteの掲げる「つくる、つながる、とどける」をユーザー間でも促進しよう!です。noteが大好きなユーザーが集まって、ユーザー同士で創作活動の後押しできる場所になればと思っています。

note酒場はnoteユーザーの有志が開催したイベントです。開催側の方もnoteユーザーなら、参加者もnoteユーザー。noteというサービスを好きな人達が自主的に作ったイベントです。

昼の部、夜の部それぞれあったのですが自分は昼の部に参加しました。

初対面同士でも、人見知りでも、楽しめる

名刺やおごります券の配布など、初対面同士や初心者ユーザーでも楽しめるような工夫がされていました。

確かに、参加したみなさんが一人になる事はあまりなく交流を楽しんでいる印象でした。

こういう集まりで、みんな楽しめるって凄い事ですよね

自分がお話した方が、こうおっしゃっていたのが印象的です。その場に漂う空気感が温かく、誰に対しても肯定的でオープンだったのですが、運営されている方の優しい配慮のおかげだったのではないでしょうか。

スキでつながっている場は優しく温かい

自分も何人かとお話しましたが、共通しているのは「noteが好き」な事でした。note酒場にいらっしゃるぐらいなので、当然と言えば当然なんですけど、「スキでつながっている事」が居心地のいい理由なのかもしれません。

好きな物事やサービスに共通項があると、初対面といえど親近感が湧きます。

同じ「スキ」に対して、知ったきっかけだったり普段はどんな事を書いているのかだったり自然と興味が湧きます。

みんな違って、みんないい

他のnoteユーザーの方とお話して、みなさん表現したい事があって面白いお話もたくさんお聞きできました。

どの方のお話も面白く「みんな違って、みんないい」んだな~と改めて実感しました。noteのサービスがそのままリアルな場に置き換わったらまさに、note酒場のような空間なのかもしれません。

noteは表現者である一人一人を尊重してくれるサービスなんでしょうね。

noteユーザーでよかったな、と改めて思える空間でした。

運営の皆様、素敵な空間をありがとうございました!そして、本当にお疲れ様でした!

次回も期待しております(笑)


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございました 書籍の購入などで、さらに有益な情報発信のために使わせていただきたいと思います!

ありがとうございます!励みになります!
98

さとう

お気に入り記事

3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。