スタトラに参加して複業に興味がある理由を考えた


本日、スタトラというイベントに参加して来ました。

http://tokyo-startup.jp/startline

自分の次の生き方を模索し、実行するまで支援してくれるプログラムです。

参加者は概ね100名程度。男性7割、女性3割ぐらいで、年代は20代~30代がボリュームゾーンを占めます。

期間は2か月。ワークショップを通じて自己理解や、ビジョン設計、実際に「新しい働き方」を実践している先輩への訪問もあり、かなり本格的なプログラムです。初回の今回はアフロマンスさん、石山アンジュさん、スマイルズ遠山さんのパネルトークを経て、グループに分かれ、今回のプログラムを通じて自分は何を達成したいのか、明確にしました。

複業もあくまで手段に過ぎない

自分は複業に興味があったので、実行する事を書いていたのですが、フィードバックで大きい気付きをいただきました。

複業が目的になってしまっていたのです。

今までの自分のスキルをどう活かすか、しか思考しておらず完全に手段が目的化していました、、

複業やSNSで個人として活動する目的は、自由になるため

改めて複業や個人としてSNS,ブログを書く目的を考えたところ、つまりは下記になります。

自由になるため

現在働いている企業も柔軟な働き方をある程度許してくれるので、別段不自由はないのですが、時間や場所は多少限定されます。

また社外からのノウハウや知見が必要な時に個人として活動していると、活きるケースがあると感じた事が多々あります。

本業以外の異なるジャンルでの経験を積めばキャリアも複線化出来るため、リスクヘッジになる可能性もあります。

社内では得られない経験、普段出会わない人との出会い,キャリアの複線化。

なんというか、オリジナルな人生を歩みたいのかもしれませんね。

スタトラのプログラムを楽しんで行こうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございました! いただいたサポートは今後のnoteに活かすために使いたいと思います。 他のクリエイターさんへの支援や、書籍の購入に使い優しい世界を広めて行きたいです。

励みになります!
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。