【Criacao選手紹介】石川大貴という人間について



こんにちは、Criacao広報です。


私はCriacao Shinjukuというサッカークラブが大好きだ。
Criacaoが勝てば、クリロナにも負けないガッツポーズで喜ぶ。
Criacaoが負ければ、セブンイレブンの ”焼き栗モンブラン”を爆食いして気持ちを切り替える。(ストレスが減り、体重が増える)


なぜサッカーの素人である私がここまでクラブチームにゾッコンなのか?


私にとってクリアソンは「サッカー観戦」というよりも「ヒューマンドラマ」を観ている感覚に近いものがあります。クラブに関わる人の人間性・強い意志・考え方を知っているからこそ、心を動かされるものがあります。



しかし、こういった人間性・強い意志・考え方は目に見えません。
(当たり前の事だが...)



だから目に見えるようにします。そして応援に来る皆様と、もっといろんな角度からサッカーを一緒に楽しみたいなと思ってます。


それではトップバッターはCriacao Shinjukuの10番。
石川大貴(いしかわだいき)選手から!



石川選手のスケジュール

まず石川選手のおおまかな1週間のスケジュールを紹介します。
平日は基本的に仕事で、毎週水・金・土曜日に全体練習。それに加えて月・火・木の中で2日間は短い時間で強度の高い自主練習をおこなっている。
そして日曜日の試合に臨む。

なんともハードなスケジュールである。
急な仕事が入ったりすると練習に参加できない事もあるらしいが、出来る限り最短で結果を出すためにどうするべきかを常に模索しながら仕事と向き合っているとのことでした。




どんな仕事をしているのか?

石川選手は現在ウィル・シードという会社で法人向けの研修提供を仕事としている。

クライアント企業の研修企画に関わり、どうすれば価値が届けられるのかを日々試行錯誤している。企業様によって細かいニーズが異なってきたり、参加者の属性が異なってくるため、資料の一字一句に「本当にこの表現でいいのか?」と突き詰めていく。ケースによっては1つの表現に対して2時間以上もチームで議論するほどこだわっている。



 
5月からは営業職として新規顧客の開拓にもチャレンジするようです。

「自分自身がクライアントへ価値を届けるために、細かい部分までカスタマイズして価値提供している。そして会社が保有しているノウハウ・技術が本物だと確信しているからこそ自信をもって営業ができるし、もっとこの価値を世の中に広げていきたいと思っている」と石川選手は語る。



サッカーも仕事も本気で向き合う理由は何か?

目の前に本気で実現したい目標が僕には2つあった。色んな人に相談したが、最初は両立なんて出来るはずがないと否定的な意見をたくさんもらった。”二兎を追う者は一兎をも得ず”という言葉をこれほどもらったのは人生初の体験だった(苦笑)


もちろん突き詰める上で、やらならいことを選択するのは重要なことだ。だけど自分が大切にしたい何かが目の前にあるなら、あきらめる必要なんてないと僕は思っている。

サッカーも、仕事も全部大事にしたい。
若いからそんなこと言えるんだよと言われるが、僕もそう思う。
若いからこそ挑戦したほうがいいし、若いからこそ挑戦できることがあるんだと思っている。



就職活動では自己分析を通じて過去と死ぬほど向き合った。過去の経験と学びを掘り下げる中で心から納得できたことは、「挑戦の先にある壁と向き合っていく過程に失敗はない」ということ。


この教訓を未来へと繋げていけるかが今の僕に問われている。


学びを学びで終わらせない。そのために僕は挑戦し続ける。
教育を仕事にする中で「コンテンツ屋さん」で終わりたくない。自分は常に「学びの体現者」でありたい。挑戦が大切だと語れる人よりも、挑戦した先に何があったのかを伝えられる人になりたい。そんな未来を夢見ている。いつか「石川だから任せたんだ」とクライアント様から言ってもらえる日が絶対にくると信じている。




社会とサッカーの両立に今は苦しんでいて、カッコいいところばかりが見せられるわけじゃない。カッコ悪いところもたくさんあるし、思うように体が動かなくてイライラしてしまう事もある。だけど、どんなに苦しくても、辛くても絶対に挑戦から逃げない。挑戦し続ける。

そういう生き方を僕は選んだんだ。


人よりも2倍背負って、苦しさと向き合う。
その先に2倍喜べる未来があるかなんてわからない。
もしかしたら絶望しかないのかもしれない(苦笑)

その時はこの失敗を教訓として、次は3倍背負って頑張るだけだ。

ただのエゴだし、自己満足だ。
だけど自分の自己満足が、少しでも誰かの勇気になったら嬉しい。



最後に、
こんな自分を受け入れてくれたウィル・シード。
こんな自分を応援してくれる皆さん。
クリアソンを応援してくれる人たちに感謝の言葉を伝えたい。


いつも本当にありがとうございます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スポーツも好きだけど、「スキ」押してくれた方はもっと好きです。
11

valueofsports

Criacao Shinjuku

クリアソンサッカークラブのマガジンになります。

コメント1件

二兎追う者にしか見えない世界がある。とわたしは思います。楽しんでチャレンジしてほしいな~
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。