見出し画像

ワンピースのキャラクターで転職が上手くいくのは誰か?


こんにちは、CRIACAO広報です。
最近は20代若手の転職支援を仕事にしています。



ワンピースで転職が成功しそうなキャラクター

ただの興味本位ブログなので、どこまで需要があるかわかりませんがワンピースという漫画を転職という視点でみたらどうなるのかを考えてみました。参考程度に呼んでみて下さい^^



エネル

エネルは間違いなく需要が高いキャラクターの1人と言えるでしょう。その理由はいくつかあるのですが、


①攻撃範囲が広い

お客様を一人一人大切にする熱意ある営業マンも重要ですが、広い範囲でお客様に価値を届けられるエネルさんはとても優秀です。


②能力を組み合わせる事で唯一無二のレアスキルを保有している
エネルさんは雷という能力と、マントラを組み合わせて「国一国分」というとてつもない単位の会話を聞き取る能力があります。情報戦と呼ばれる近代ではとても重要なスキルになります。
また能力を組み合わせるという発想力も評価のポイントです。


③そもそも能力に市場価値が高い
環境リテラシーが高まっている近年では、エネルさんのように地球に害を生みださずにエネルギーをつくれる能力はとても価値が高いです。一度の技で2億ボルトつくれることを考えると、日本の原子力発電を0にする未来も理想論ではなくなりそうですね。


④ビジョンのスケールが大きい+実現している

エネルは月に行くという壮大なビジョンをもっています。GOOGLEやテスラも「ムーンショット」の重要性を説いています。壮大なビジョンをもち、それを成し遂げた経験のあるエネルさんは市場価値も高いです。
https://www.dhbr.net/articles/-/2260


⑤色んな角度から物事を試してみる
面接官は「上手くいかない時にどうする人なのか?」という視点を大事にしています。そういう意味では、雷が上手くいかなくても、すぐに切り替えて次の作戦を考えられるエネルさんは評価が高いです。


エネルさんへのアドバイス
エネルさんのマジメント手法はパワハラになってしまうので、倫理感をもって行動することができれば、今以上に価値を高められるでしょう。
エネルさんは過去に雷が通じなかった時に臨機応変に対応できましたよね。今回も恐怖が通用しない場合もあることを見込んで、新たな視点でマネジメントする手法を模索してみて下さい。



フランキー

フランキーさんは現在圧倒的に需要と供給のバランスがあっていない建築業界で活躍することができる貴重な人材です。また造船・ロボット技術もあるので幅広いフィールドで活躍することができます。


①需要があり、供給が足りていない技術をもっている
現在建設業界は圧倒的な人手不足です。フランキーさんのように体力もあって、技術力もある人間は引く手あまたです。


②設計から、施工まで技術をもっている
設計に関しても細部までこだわりをもっていて、常にカスタマー目線で物事を考えられるフランキーさんは需要がとても高いです。
設計だけでなく、施工までできるフランキーさんは建築業界の大エースともいえる人材です。


③仕事に対するスタンス
船を完成させて終わるのではなく、幾度もの困難を乗り越えて目的を達成させようという意識の高さ。見習いたいです。そして何よりも研究熱心で常に新しい技術に関心をもっている点も素晴らしいですね。


フランキーさんへのアドバイス
技術力もあり、コミュニケーション能力も高いフランキーさんはとても素敵な方です。もっと素敵になるためにきちんとズボンを履きましょう。パンツいっちょで働くのはセクハラですよ。ちなみに下記の写真は完全にコンプライアンス違反です。



ビビ

業界は限定されるでしょうが、ビビさんもかなり転職市場で人気になる事は間違いありません。


①王族とのコネクションを持っている
「安定した売上」「社格を高める」といった狙いで、企業としては王族と関係を構築したいというニーズがあります。そのため王族と幅広くコネクションをもっているビビはとても魅力的な人材です。


②美人
転職市場でもやはり容姿による優位性は存在します。


③仕事に対するスタンス
自分の役割を小さなころから理解して、行動できるビビは仕事に対する意識がとても高い人材なので魅力的です。


ビビさんへのアドバイス
海賊のような反社会的勢力との繋がりは、企業の信用問題に繋がってしまいます。海賊にも色んな人がいるとは思うので、ひとくくりにダメだというのもおかしな話だとは思いますが、気を付けてくださいね。




最後に...

ルフィーは挑戦心も強いし、戦闘力も高いし需要があるんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、マネジメントという視点でよく考えてみましょう。

おそらく、
①出勤時間は守らない
②仕事の方針よりも、自分のワクワクを大事にする
③人の下にいるような人間じゃない

ということを考えると、彼のような人材は独立するのが1番です。転職市場では評価しづらい人材なんです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もっとスキになってもらえるよう頑張ります!
10

valueofsports

スポーツの価値を信じて発信し続ける。

広報のひとりごと

中の人のひとりごとをまとめてみました。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。