見出し画像

summer vacation



2018年の夏は私にとって学生最後の夏で
人生最後の夏休みのようなものだった。


私は上京してから5年間という年月を過ごしてきたが、夏になると何故かバイトに精を出してほぼ働いていた。


「身を粉にしてまで働く意味ってあるの?」

不意に友人に言われた。


自分の生活を壊してまで働く意味があるのかどうか。


今年の夏は今までの夏より家にいる時間が増えた気がする。
ネットサーフィンをしたり映画を観たり、画像を作ったり、昼間からビールを飲んだりした。


朝まで友人と飲み明かしたり、三件ハシゴ(それぞれ違う友人で別の場所に行ったり)した。


だけど私の今年の夏は冷やし中華も花火もお祭りも海もなかった。

好きな人とどこか旅行へいったり、浴衣も水着も着ることがなかった。


夏の定義とは??


甘酸っぱい夏だけの恋をすることもなく、ただひたすら汗をかいていた気がする。


no vacation


私に夏なんてこなかったのだろうか。


冬の寒さが恋しくなった。



来年はちゃんと夏を捕まえることが出来ますように。


#summer #日記 #エッセイ #デザイン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

yuurei

愛を。Instagram:@___yuurei_a
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。