円居挽

ミステリ作家

『NR』のお陰でした(追記)

https://note.mu/vanmadoy/n/nbf6392cf0306の追記

 ……というのが当時の円居挽の主観である、と付け加えておかないとフェアではない。
 『丸太町ルヴォワール』は2010年の年末ランキングに食い込み、お陰で少しだけ増刷された。どう考えても破格の扱いだ(偉い人が「あの初版部数でこんなに票を獲得するの、前例がなくて意味が解らん」と言ったとか言わなかったとか)。それ自

もっとみる

『NR』のお陰でした

2011年というのは、まあ本当に厭な年だった。
 2009年の秋にデビュー長編の『丸太町ルヴォワール』を上梓したはいいものの、2010年中に続編の『烏丸ルヴォワール』は書き終わらず、2011年の春になっても完成の目処は立っていなかった。
 理由は色々だ。まず『丸太町ルヴォワール』が期待していたほどには売れなかったこと。いや、売れないのはともかくとして、手応えがないというのはモチベーションに関わる。

もっとみる

オーク探偵オーロック『バースデイ』(幻の11話)

ベッドでうなされるオーロック。夢の中でMが囁きかける。

M「早く私を思い出せ。さすればお前の贖罪の旅も終わり、元に戻れる」
オーロック「お前は……誰だ」
M「まあ、Mとだけ名乗っておこう。もっとも目覚めた時にはこの夢を憶えていないだろうが……どれ、戯れに一つ介入してやろうか」

(トビラ)

ユナの夢。協会に来てしばらく経った頃のユナとBユナ。

Bユナ「ねえ、アンタ何月生まれ?」
ユナ「……ど

もっとみる

喧嘩稼業オルタナティヴ、連載自体は無料ですが作者に応援の投げ銭をいただけると更新意欲がモリモリ湧きます(なんだそれは)

喧嘩稼業オルタナティヴ 第一話

注意:本作は『喧嘩商売』及び『喧嘩稼業』の二次創作です。『喧嘩稼業』八巻までのネタバレを含みますので閲覧は自己責任でお願いします。あと作者が読み返して誤字脱字の修正や加筆をすることがありますのであしからず。

 最強の格闘技は何か?

 どんな最強の男も背中は無防備だ。だから徳夫は背中を晒すのが怖かった。それは内弟子の川上竜が背後に立つようになっても変わらない……。
「先生? そろそろ行きましょう

もっとみる

久しぶり過ぎて使い方を忘れまちた……一乗寺プルミエール前編は80枚ですが、後編は40枚ぐらいにして100円で売るのが妥当かなと思ってます