小鳥こたおという少女は何者なのか(デスマッチ?サブカル?アイドル?)

私が「もっともっと世界に愛されるべき」と思う女の子を紹介したい。

まずはこの画像をみてほしい。

超絶美少女の画像が出てきて、この子は何者だ?どこのモデルさん?装苑とか出てる?怪人が言うならやっぱアイドル?と思われたのではないだろうか。

こちらがアイドルグループ「あヴぁんだんど」の「小鳥こたお」ちゃんである。
昨年にあヴぁんだんどに加入したばかりである。

この子の凄さとヤバさと可愛さといい子さを世間に少しでも知らしめたい、という一心でこの記事を書いている。
困ったことにこの子は人に紹介するときにあまりにもフックが多いので、順を追って書いていく。

まずは公式プロフィール。
http://www.avandoned.tokyo/

17才、現役JKである。ちなみにフランスと日本のハーフである。
趣味がプロレス…?好きなアーティスト欄の後半…?カラテバラモン…?
既になんだかキナ臭い。好きなアーティスト欄にカラテバラモンと書くアイドルは世界でもこたおちゃんだけではないのか(そもそもカラテバラモンの存在と、カラテバラモンが音楽もやってる事をこの世の女子高生の何人が知っているというのか?カラテバラモンを知らない人は検索してほしい。検索したところでよくわからないのだが。)
BiS、BiSHも大好きで、生誕祭ではどちらもソロでカバーを披露した。

一昨年くらいに「友沢ミミヨさんの娘さんがめちゃめちゃな美少女すぎる」と一部でバズった(?)この画像。

友沢ミミヨさんといえば、ブロスの連載「まめおやじ」、サブカルを汁気がなくなるまで煮しめた店こと中野ブロードウェイ・タコシェの看板、そしてジムオルークのユリイカのジャケでおなじみ、90年代通過サブカル者なら必ずその絵を幾度も眼にしているはずの漫画家・イラストレーターさんである。(画像はジムオルーク「ユリイカ」)

その、娘さんが、こんなにも、美しい、ていうか、ブロスでやってるあの、まめおやじってこんな子だったのか!と一部の(主に)中年を震撼させた画像である。私もビビったのを未だに覚えている。

時々サブカルエリートと評されているこたおちゃんは「私はお花畑で育てられている感じだったよ」と、変な感じに育たないように大事にされていたとのことだが(テレビブロス3月11日号・シバノソウ対談より)、幼き頃からあまりに身近に面白い大人や愉快な文化に触れてきた結果、サブカル急性期の厨二的な部分がないまますくすくと育ったと思われるので、結果中身は結構な濃サブカルなのにひねたところや斜に構えたようなところがなくて、好きなものを語るときにまっすぐでキラキラした目をしていてすごく楽しそうにしているところが最高にいい。たとえボアダムズやデスマッチの話をしていても。

そう、こたおちゃんはプロレス、特にデスマッチが大好き。
あヴぁんだんど加入後初(つまり人生初!)の生誕イベントでは本人の強い希望によりゲストにカラテバラモンを招きステージで共演、そしてデスマッチのカリスマ・葛西純選手からビデオレターが届き、とんでもない喜びの奇声をあげていた。
葛西さんが1番好き…!とのこと。
デスマッチで有名な団体であるところの大日本プロレスももちろん大好きで、アイドルになってからはなかなか行けていないとのことだけど、時々は興行にも行っている模様。水かけ祭りことポセイドン興行にも行くほどに好き。
蛍光灯デスマッチ後、蛍光灯の破片を日記に貼ったり、画鋲を集めたりしているほどに好き。

大日レギュラーの好きな選手は竹田誠志、宮本裕向、木高イサミ、バラモン兄弟(特にケイが好き)とデスマッチ寄りだが、野村卓矢も好き。

デスマッチだけならずあらゆるプロレス団体を見ており、そのきっかけはCMで見た棚橋弘至の「愛してまーす!」で、「そんなこと言われたことなかったから」と好きになり、そこから順調にプロレスのオタクになったとのこと。新日から始まり、ノア、DDTなどを経て今は大日本プロレスがメイン。もちろん新日本プロレスも大好きで、好きな選手は外道。
あヴぁんだんど加入前からプロレス絡みの仕事もしており、その辺りはこちらのURLなどを参照してほしい。
http://moepro.jp/blog/archive?author_id=3

プロレス好きとの噂が広まり、最近は世界の面白いプロレス映像鑑賞のイベントにあゔぁんだんどで出演。その辺りはこのtogetterにまとまっている。この子本当にプロレスが好きなんだなということが随所に見てとれ、面白かった。
https://togetter.com/li/1071371
私が抽選で当てた当日のチェキがこちら。こたおちゃんの手元の本…!そういえばこたおちゃんはお母様と真夜中のハーリー&レイスにゲスト出演経験もある。

こたおちゃんは映画(カルトな)も大好きである。拾い画像な上掲載媒体が謎で申し訳ないがこん、な…こんなことあるのか…というベスト映画選出具合。最近は石井聰亙の狂い咲きサンダーロードに狂っていたのをツイッターで確認した。
こたおちゃんのツイッターは時々「マジかよ」となるのでフォローおすすめ。
@avandoned_kotao

ここまで見てとっても気になってしまったそこのあなたに、グループ、現場の紹介も。

こたおちゃん加入後初のシングル「ヴぁんでいっつ!!!」は去年の私のベスト3に入る良い曲なのでとりあえず、とりあえずMVを見てほしい。これでオッと思った人はもう、好きになりかかってるので早いとこ現場に来て下さい。
https://youtu.be/ChVu1OXGad0

スケジュールは公式サイト、ツイッター等で更新されている。ライブハウスでオルタナな感じのアイドルとの対バン、愉快なバンドとの共演が多い(ざっくりした説明)。
チケット予約は公式サイトのフォーム、またはあヴぁんだんど公式アカウントへのリプで可能。予約して当日支払いが多い。
現場はMIXやコールが入る。光る棒はあってもなくてもいいが、こたおちゃんのメンバーカラー緑の光る棒を振ると喜んでもらえるので、点灯させるもよし。

特典会のレギュレーションは、基本的に個人チェキのみ(グループショットなし)。500円の券が売っているのでそれを取りたいチェキの形式に合わせて出す。
2枚(1k)→通常チェキ(落書きなし)
3枚(1.5k)→お預けチェキ(落書きあり、後日メンバーから渡し)

あヴぁんだんどはチェキを撮る際、お預けチェキといういわゆる宿題チェキ(当日撮影し、お絵かきなどを施し、後日渡す)システムがあり、こたおちゃんはそのクオリティも飛び抜けているのでお預けを強くお勧めする。その理由を画像で言うので見てほしい↓

なんかもう凄い。受け取った時の感動が凄い。単純にクオリティが高いのと、丁寧さ、心をこめてくれているのが伝わる。
「プヲタじゃないから…」「サブカルじゃないから共通の話題がないのでは…」とこたおちゃん物販に行くのを尻込みしている人がもしいたら、ものすごく勿体無いと私は思っている、プロレスとサブカルだけの子じゃないよ!!!!!!とても優しく楽しく対応してくれる良い子!!!!!!あとなんか変でかわいい!!!!!!動きとかもなんか時々変でかわいい!!!!!!!美少女!!!!!ありがたいほどの美少女!!!!!!あとやさしい!!!!!!

私は、小鳥こたおという少女はもっともっと、世界に知られて愛されるべき子だと思っているので、微力ながらピンポイントすぎる情報をまとめてみました。
めちゃくちゃに日々輝きを増しているので、ここまで読んだ人はもう、その目で確かめてほしい。としか言えない私は非力だ。私の言葉で伝えきれない要素があまりにも多い、魅力的な女の子、それが小鳥こたお。

こたおちゃん、愛してまーす!!!!(アブドーラ小林のほうで)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

kaijinchan

怪人のメモ的なやつ

怪人のメモ的なやつ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。