見出し画像

バンコク巡り【エラワン美術館】

この最近は、毎週の日曜日に、バンコクを探検しているということで、回ったところを紹介したいと思います。

BTS線Chang Erawan駅から徒歩10分くらい離れているエラワン美術館に行ってきました。

BTS線Samrong方面に乗ったことがあれば、きっとでか~い頭がみっつもある象の像を見かけたことがあるだろうと思います。あそこです!

敷地内に入ると、緑がたくさんで、池や噴水などもあり、広い空間が目の前にあります。

そして、美実菅の方に近づけば近づくほど、象の像もどんどんでかくなってきます。

入場タイム。入場料金は400バーツ(約1500縁)です。決して安いわけではないですけれども、この記事を通して、それ以上の価値があるじゃないかという気持ちになるかもしれません。

それでは、早速敷地に入りましょう!

やばい、とにかくやばい!と言い繰り返す私がいます。綺麗すぎる!!

自然や象たちと様々な像とのコラボが素敵で、住みたくなるくらい快適すぎます!

写真を撮りまくってしまうくらい美しい庭園かあります。

そして、美術館に入ります!

ドレスコードがあるため、服装に気をつけなきゃいけませんが、私みたいに気軽に来てしまっても、サロンという巻く服装などを無料で貸して貰えます。

入口のところで、靴を履いて、ホールの中に入ると…

…とてもゴージャスで神秘的な空間がありました!

ヒンドゥー教・キリスト教・仏教がなどの様式美が調和している様子は圧倒的です。柱4本が天井を支えながら、柱一本ずつそれぞれの宗教の話を通して、愛について語ります。そう、このホールを統一しているのは世界中にあるお互いへの助けや人間性という思いです。つまり、です。

階段からの出口の様子…

天井は、星空とゾディアックをモティーフにしたものです。

さらに階段を登ってみると、頭が3つもついている象の中にある空間が目の前に広がってきます。

めっちゃ綺麗!めっちゃすてき!

むしろ、1階したのところからの景色は、物凄く微妙に見えてしまいます笑

外に出ます。サロンを返して、何かを食べようと思うので、美術館の出口を出てすぐにあるテラスみたいなところで食事をします。

ちなみに、このホールのしたに、ちょっとした博物館があります。ただし、撮影禁止なので、その雰囲気を見せかねます。

さて、食べましょう!

ソムタンセット(辛いパパーヤサラダ)にしました。これで2人でお腹がいっぱいになり全てを食べきれなかったです。美味しかったですけど。

タイティーも美味しかったです!

エラワン美術館はどうでしたか?行きたくなったかしら?

私は、感動しました!

ここは、本当に、バンコクに遊びに来るみんなに、案内したいと思う場所一つになりました。

最後に、ドームの周囲にある象たちの像をくぐると、像たちはパオーと鳴る動画をご覧ください↓

https://youtu.be/5teIEeoXbtE

この続きをみるには

この続き:0文字

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを頂けるとやる気アップに繋がるため、著者を応援したい、または喜ばしたいと思う方々、ぜひよろしくお願いします〜!

ナイスセンス!
7

veronika

スロバキア出身。様々な国に住み、経験や見てきた世界を語るマルチリンガルです。トラベルライターと写真家と歌手を目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。