2019年2月に聴いたもの

Trevor Something「Bots Don't Cry」

Synthwave界の中では十分ベテランになるTrevor Somethingの新作アルバム、Bots Don't Cryです。なんか前のアルバムからあんまり間が空いてないような気がするけど別にええか。このアルバムのリリースに合わせて、Redditの/r/OutrunでAMAが行われましたが、そこで彼が語ったところによれば、あまり他のSynthwaveのアーティストの作品を聴かないようにしているとのことで、要するに他の人の作風に引っ張られないように意識しているという事です。確かに彼の音楽は分かりやすいSynthwaveよりも、彼がSynthwave以前から聴いてきたであろう音楽(ニューウェーブとか)の影響がよく出ていると思います。


DEADLIFE「Orphan」

多分Darksynthだと思う。典型的なDarksynthから激しいビートやブリブリのシンセベースを抜いて、ちょっとアンビエント的にしたような感じ。まあそれでも雰囲気としてはDarksynth感があり、冷たい電子音が主体のアルバムに仕上がっている。


Mega Drive 「Encoder」

Darksynthの中では古株、というか多分Darksynthと言う名前が出来る前からこういった音楽を作っているMega Driveの新作EPです。こちらは普通にゴリゴリとしたDarksynthです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

verylongunagi

21世紀の16ビット・サウンド

「8bit風のピコピコ音から、16bit風の倍音豊かなサウンドへ」 要するにoutrunとかsynthwaveとかその辺
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。