英語で歌詞を書いてみよう

こんばんは。マユスガです。

ご存知の通りバンドをやっているマユスガですが、バンド内で作詞をしています。

今日は作詞について書いてみようかと思います。
まあ、こんなことを書いても得もありませんが、こんなふうに歌詞を書いてるバンドマンもいるんだな、程度に読んでみてください!

自分の考えを整理するとか、表に出してみるっていう行為につながるんですがかなりいいですよ、日記とはまた違った感じで語感や言い回しも重要なので楽しいです。

とはいえわたしのバンド、USインディーに影響を受けまくり始めたバンドであるため英語です。

個人的には日本語で書くという考えはもともとありませんでした。
理由は、聴いてきた音楽が洋楽が多かったのと、英語の響きが好きなのと、英語のほうが圧倒的な情報量が入るからです。
その情報量について「トイ・ストーリー」の「君はともだち」という曲で説明してみると、
まず日本語版冒頭の歌詞がこちら。

俺がついてるぜ
俺がついてるぜ
辛いことばかりでも
君はくじけちゃだめだよ
思い出せよ、友達を

君のすぐそばに
いつも俺がいる

となります。
元の歌詞がこちら。

You've got a friend in me
You've got a friend in me
When the road looks rough ahead
And you're miles and miles from your nice warm bed
You just remember what your old pal said

Boy, you've got a friend in me
Yeah, you've got a friend in me

タイトルにもなっている”you've got a friend in me”のフレーズを繰り返していますが、それ以外の部分、日本語版で「辛いことばかりでも
君はくじけちゃだめだよ 思い出せよ、友達を」
と歌っている部分を直訳してみると
「でこぼこ道が先に続いてて、しかも君のあったか〜いベッドからかなり離れた場所にいても、大親友が言ってたことを思い出して、俺がついてるよ」という内容なのです。
同じメロディーに組み込める情報量がだいぶ違いますね。短いフレーズですが、ただ”辛い状況にいても大丈夫”という内容の詳細な情景まで描けます。
また、響きが好きというのも理由に上げましたが、この曲もahead(アヘッド)、bed(ベッド)、said(セッド)で韻が踏めてます。気持ち良い。

そんな理由から英語で書いてます。

じゃあ、どんなことについて書くか。

①作曲したメンバーからその曲のテーマをもらう
わたしはバンドで作曲はしていません(というかできない!挑戦中!ガンバレ!)
なので曲を作ってくれたメンバーにその曲のイメージを聞きます。そうすると「夏休み初日に友達と遊びまくって朝帰ってきて部屋で一人でいるときの感じ」などかなり具体的なテーマをくれます。
そうしたら自分の中でそのストーリーを作り上げ歌詞にしていきます。シナリオライターみたい。

②自分の願望や気持ちを素直に書いてみる
日記代わりのやつです。日常をうまく切り取ることが大切です。
自分の人生のちょっと忘れられないような瞬間、「あ〜あの日めっちゃ楽しかったな!」みたいな出来事を書き、「またやりたいよ!」という願望も書く。
うまくいけばすぐ書けるのに、案外書けなかったりね、自分のことって難しいよね。

③映画やドラマにヒントを貰う
これは合わせ技にもってこいですね。②の自分の体験を好きな映画や印象に残った映画、自分の体験に似てる映画に照らし合わせ、ああこの映画では主人公はこうだったよなあと思いながら歌詞を書き進める。景色も匂いもなにもかも想像力を使って歌詞にします。セリフをそのまま、なんてのもありかもしれない。(パルプ・フィクションから"I'm fucking far from okay."を使ったことある)
また、あのとき主人公はこうしていたけどわたしだったらこうするな、という方法でも書けます。
恋愛とかそうやって書いてると面白いよ。登場人物になりきり作戦

おまけ:デモテープのなんちゃって英語からヒントを得る
これは特殊なんですけど、うちのバンドはデタラメ英語で歌われたデモが送られてきます。デタラメなんだけどたまにちゃんと英語。ここは聞き取れるぞ!みたいな。
その聞き取れた部分から歌詞のストーリーを広めていく、というパターンです。何も考えずに音に言葉を当てはめているから、その言葉を使うとしっかりメロディーにはまって気持ちいい感じです。

①〜③、そしてたまにおまけを使い、歌詞のストーリーを完成させます。この段階では出来上がってるフレーズを並べてみたり、ただ関係する英単語を羅列してる状態。
その中でお気に入りのフレーズや繰り返したい言葉、いちばん伝えたいフレーズがサビや歌い出しのパンチライン的なやつになります。
一度書き進むとどんどん書けます、書き始めちゃえば早い。バイブスがあればなお最高。行き詰まったらメンバーにアイディアを募る。そうするといい歌詞になります。

ここから語感や言い回し、リズムを考えて完成させていきます!歌詞が知りたいですと言ってくれるとめちゃ嬉しくなる。


と、こんなもんで今日は終わりです!英語上達しなきゃね!乾杯!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
2

ビデオクレイジー

面白い映像を作ることに命を懸けた映像制作チーム。映像・動画・広告・デザイン・映画などについて語ります。

マユ

海外のポップ/サブカルチャー、音楽、映画、Netflix Twitter: @rictusemprah Instagram: @thatmayusugah
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。