フリーランスでワイン会をする理由

こんにちは。何屋さん?って聞かれて一言で言えず答えに困っているボクです。

そんなボクのお仕事の1つがフリーランスで(ワインの)ソムリエをしていること。

「フリーランスで食えるの?」とか「そんな人いるんだ」とか言われますけど、それは置いておいて、どうしてそんなことをしているのかってことを書いてみようと思います。

「ソムリエさん」って言われるのがイヤだった。

なんだか近寄りがたいイメージがあるのか必ず「ソムリエさん」って言われるんですよね。あれ、ボクすごくイヤで。

まだボクがレストランやワインバーに常駐している頃、「ソムリエのあんたを目の前にしてなんだけどさ、なんであんなにソムリエって偉そうなの?」ってお客様に言われたことあるんですよね。

「ちょっと高級なレストランに行くとさ、『俺は(私は)違うぞ』と言わんばかりの黒い衣装に身を包み、金のバッジをつけてワインを注ぎに来るじゃん。」

「しかも!しかもよ!?私がこれ飲みたいって言ってるのに、『そちらも良いですが、こちらをオススメします』とか言って長々とワインのウンチクを話し出すし。マジあんたに使う時間ないんですけど!!って感じ?」

「そもそもあんた初めてだし、私の好みの何がわかるの?」

↑↑↑ こんなイメージ。笑

と他店のソムリエのことを”強め”に言われた時に考えたんです。そう感じさせるって違うんじゃないのかな?って

ソムリエと言えどサービスマンなんだから、お客様の時間を有意義に使って頂くことが最優先のはずだとボクは思った。

もちろんボクだってお客様にワインを提案することはあります。でもそれは「どうしたら良いかな?」と聞かれた時だけ。自分では選べないお客様の相談を受けて解決することが仕事だと思っているから。その時に、お客様の想像をちょっとだけ越えていれば良いんじゃないかなって。

そもそもソムリエは国家資格でもないし、ちょこっとワインとかお料理のことを知ってたりするだけなんですよ。あくまでも相談役。

だから偉そうに感じられた時点でアウトだとボクは思っています。(あ、この発言が偉そうなのはごめんなさい。笑)

なのでその雰囲気を壊したいなって思ったんです。もっとフレンドリーなソムリエがいたって良いじゃんって。

ただお店の文化や雰囲気もあるし、制服を変えたり、方針を変えたり、目指す方向を変えたい。そう思っていても自分のお店じゃないとなかなか難しい。

もちろんお店を持つことも考えたりはしました。でもボクはワインバーじゃなくて、食事とワインの組み合わせ(マリアージュ)でお客様の期待をいい意味で裏切りたい。

そう思った時に、ソムリエを抱えたいけど抱えられないシェフや料理人もいるじゃないかって思ったんです。ボクはシェフや料理人は抱えられない。

お互いがやりたいことが毎日じゃないけど出来るかもしれないなって思ってフリーランスでやってみることを決意しました。

友人やその繋がりでのワイン会

そんなお互いを尊重し合える人と色々な繋がりの中でワイン会やイベントをやってきました。

お寿司屋さん

名店・おたる政寿司さんとの寿司とワインの会。もう3年はやってます。

イタリアン

茨城県石岡市にあるワンちゃんと行けるイタリアントラットリア・アグレステさん

焼肉店

小樽の老舗焼肉店 焼肉・大仁門さん

和食

北広島の隠れ家的、おそばの美味しい和食処 小料理・なごみさん

その他、札幌でいつもお世話になっていた和食屋さんや、フレンチ、東京のイタリアン、老舗ホテルの貸切パーティーなど、色々なところで大小様々なワイン会をしてきました。

先日も札幌のススキノにある「ビストロ・サンミ」さんで開催。このお店もお客さまからご紹介いただいたお店です。

共通するのはワインを任せてくれていること。料理とワインを合わせるために相談にのってくれるシェフや料理人の方がいること。

まだまだやります。

偉そうにソムリエのこと書いたけど、ボクも全然まだまだ。なのでたくさんの人や地域で色んな料理とのワイン会をしていきたいなと思います。

ということで宣伝。笑
来月東京駅で絶品米沢牛のお店でワイン会をやります。今度はすき焼きです。

日時 2018年10月16日(火) 19時〜
場所 米沢牛黄木(おおき) 東京駅黒塀横丁店
   〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅八重洲北口 B1F
会費 18,000円(税込) コース料理+ワイン6種以上
   ※ワインはお料理に合わせてグラスでお出しします。
    量の目安は、おひとりさま合計500mlぐらいです。
募集 8名限定

お申し込みは各SNSのメッセージにて
(自主ワイン会なので店舗でのご予約は受け付けておりません。)

ボクのFacebook → https://www.facebook.com/satoshi.unuma
ボクのTwitter → https://twitter.com/Vino696
ボクのインスタ → https://www.instagram.com/vino696/

美味し楽しく

ワインは世界中に数え切れないほどあります。

ソムリエという仕事をしていたって、全てを飲むことも知ることも出来ません。

だからボクはお客さまや、まだお会いしていないワインが好きな人、ワインに興味をもって飲み始めた人、そんな方々のワインのある時間や、ワイン選びのお手伝いをしていきたいし

食とワイン、ワインとお客さま、お店と人、ワインを縁にたくさんを繋いでいきたいなと思います。

出来るだけ近い位置で、自由に。
美味しい、楽しいを大切にしながら。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出来るだけお役に立てる記事を書いていきます。サポートはその励みになります。記事を読んであなたのお仕事や生活に少しだけお役に立てたとしたらサポートしてくれたら嬉しいです。

ボクもスキです^^
14

鵜沼 聡志

たまにするワインの話

自分がソムリエだということを忘れてしまいそうになることがあるので、ワインのことやフリーランスのソムリエとして思う色々なことを徒然なるままに
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。