見出し画像

ビジョン・フレーム

「なんかこんな状態になったらいいな~」という軽めのものから、「これが実現できたら本望だ!」という熱いものまで、自分の行き先を方向づけるものがあると、エネルギーがそちらにグッと向かう気がします。

そうあったら望ましいイメージのことを、私はビジョンと呼びますが、それを描き語る時に、役にたつのが、前回の記事にも書いたビジョンフレーム。

ビジョンを描き語る4つの型とも呼んでいます。
4つとは、「未来=Vision」「今なぜ=Why」「価値=Happy」「どうする=Key-idea」

①「未来=Vision」

私はどんな状態を生み出したいんだろう?

そうあったら望ましいと思う状態を言葉にします。いきなり言葉にするんじゃなくてイメージして内省して言語化という感じ。私がやる時のコツは
・何が何に(どんな風に)なってほしいか?=シフト(変化)を考える
・浮かんだイメージを描写するように言葉を書き出してみる。
・浮かべたイメージや言葉から象徴的なシーンをキーフレーズにしてみる。という感じです。

②「今なぜ=Why」

私はなんでその状態を生み出したいんだろう?

なんでそのビジョンを実現したいの?という、あなたなりの理由です。”想い”と”必然性”とも言います。
・想いは、個人的体験や自分の価値観から生まれる理由
・必然性は、それが他の人にも世の中にも好ましいと思える理由
という感じです。これが重なると非常にパワフル。

「なんで、自分はその状態を生み出したいんだっけ?」「それはなんで?」「それはなんで?」と深ぼっていくといろいろ見えてきます。

③「価値=Happy」

そのビジョンが実現したら生まれるいいことは何?

ビジョンが実現したらどんないいことがあるんだろう?というイメージです。「誰が喜んでる?」「何が可能になってる?」「何が解消されている?」自分にとって、誰かにとって、世の中にとって といろんな視座から考えてみると、それをやる意味がより強く実感できたりします。

④「どうする=Key-idea」

ビジョンを実現させるための鍵は何?

それで…どうやって実現するの? ってことです。「どんな方法でやるの?」「その実現になくてはならない要素って何?」重要な人、欠かせないモノ、必要なアクション…etc.
まずはいろいろ挙げてみる。そして「なぜ、それがそのビジョンを実現することにつながると言えるの?」「それ以上に大事なことって他にある?」と問うてみるのです。

そして、「それは自分ならではか?」とも問うてみてください。あ~それって自分っぽいなとか、自分の得意技を活かせる!みたいなものが見つかったら最高です。

~心が動くロジックを人はマジックと呼ぶ~

はじめは個人的な想いから生まれたことも、人がそこにやる意味を感じ、それを実現する道がおぼろげにでも見えた時、そこには人を巻き込み動かす熱と渦が生まれるんだって私はおもっています。

このフレームはシンプルだけど、ビジョンを描き語るには、なかなかパワフルなフレームです。漠然とでも、誰かとわかちあって実現してみたい何かがあるならぜひぜひ描いて語ってみてください。語る流れは①②③④です。

最後に、今夏に本を出版するにあたり描いてみたビジョンフレームです。ぜひこんな感じで(^^)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

このスキがはげみになります‼️
9

鵜川洋明

一人でも多くの人、一つでも多くの組織がビジョナリー・ワークを生きる世界をつくるというビジョンを持って生き、はたらいています。代々木八幡のVisionaryWorkGarageという、ビジョナリーワーカーが集う場も開いています。詳しくは→ https://www.meraq.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。