砂原康治 (発明家)

発明家です。 主な発明品としては、待ち時間表示付き仮設信号機を日本で最初に開発し商品化しました。1998年に日本初のLED照明器具を商品化しベンチャーフェアにおいて審査委員会奨励賞を受賞いたしました。私はすべて実体験を書いていきます。https://shlomo.jp/
固定されたノート

”発明家  砂原康治”のプロフィール

1.私は野良です。
  下請けをせず、餌は自分で探すという意味です。

2.私がお相手する方
  自社ブランドの製品をもつ個人事業主または法人
   理由:日本のGDPを増やすにはメーカーの売上を増やす必要があります。

3.私がお相手しない方
  下請け。

4.私の守備範囲

 各工程の専門家を使い作戦の企画、立案、実行を行う串の役目が私の仕事です。ですから従来からある業務の分類には入りません

もっとみる

桐のカセットテープケースに焼印を押しました。

会社名を変更したあとロゴをデザインし焼き印を注文していました。

先日、届きました。

さっそく桐のカセットテープケースに押してみました。文字と文字の間隔が狭いのであまり焼きすぎるとつながってしまいます。

温調と押している時間に慣れなければと思います。

とりあえずこのカセットテープケースはヤフオクに出品してみようと思います。反応が良ければ、Amazonでも販売しようと思います。

手袋を直しました。

今日は雨なのでバイク用手袋を直しました。少し生地が裂けていたところがありました。

マイミシンはブラザーです。ジグザグ縫いなどいろいろな縫い方ができるので伸縮する生地も縫えます。

発明家and商品開発家としては何でも自分で試作できる必要があります。ミシンもその一つです。このミシンは、冷却ドリンクボトルカバーを製品化したとき試作のために買いました。

ミシン一つあるといろいろ便利です。自分で言うの

もっとみる

冷却スポーツウェア

目次
1.概要
2.冷却性能の確認
3.測定データの説明
4.試作品の製作
5.ツールド・のと400に出場
6.発明くふう展
7.特許について
8特許の営業
-------------------------------
9.特許営業の秘訣(特許の売り方)
10.企業訪問
・株式会社ドーム
・伊藤忠商事株式会社
・株式会社ゴールドウィン
・グンゼ株式会社
・小矢部市のニット製品製造会社

1.概要

もっとみる

自転車を再開

2019年5月、自転車を再開しました。晴れている日は朝8kmを折りたたみ自転車で走ってます。
以前のように日の出とともにロードバイクで25km走ることはやってません。

犀川の土手にサイクリングロードがあります。ここなら車が来ないので安全です。
ロードバイクは引退しました。折りたたみ自転車に転向しました。
今のところ体は普通です。少しずつトレーニングをして筋肉を減らさないようにしていきたいと思い

もっとみる

始めるときは、今をやめるから。

いろいろな分野でメーカーをやってきました。

そこでコツのようなものを一つつかみました。

新たな分野に挑戦するとき今やっていることをやめる事が先です。

今の売上に上積みすればよいという人もいますが、やってみれば分かります。毎日作業を行っていれば新たな分野へ挑戦する余裕は生まれません。

そこで私は次に挑戦しようと思ったら今の仕事をやめます。事業譲渡であったり特許譲渡を行います。一旦売上がゼロに

もっとみる