令・和装

17
ノート

令・和装No.14家紋

あなたの家紋は
なんですか?
と聞かれることは、
日常生活ではまったくといっていいほど
無いですよね。
着物をお仕立てする機会ができ、
紋を入れるとき
あれ?なんなのかしら?って
経験するかもしれませんね。

家紋が入っている着物は
留袖
黒紋付
色無地、
です。

自分の生まれた家の家紋を入れて
花嫁道具として持たせてもらった
という方もいらっしゃると思います。

最近では、花嫁道具に必ず家紋入

もっとみる
花無心招蝶
11

令・和装 No.13 帯の巻き方

関東巻きと関西巻き

今まで私、帯を関西巻きで締めていました。
着付け教室でも関西巻きでお伝えしてきましたが、
今後は関東巻きでお伝えしていきます。

下の写真のように例えば
貝の口では関東巻きは
このような結び方になります

背中心の方に
細く織り上げた帯(手先)がきます

関東巻き
関東の粋(いき)

関西巻きは手先が左側にきます。

関西巻き (上方巻きともいうらしい!)
関西の粋(すい)↓

もっとみる
一期一会
15

令・和装No.12 秋単衣

9月になりましたが、
まだまだ暑いですね。

そして着物は夏物の
紗や絽の着物から
単衣の着物へとかわります。
暑い時は無理せず
夏物お召しになってもいいと思いますが

お茶会に参加する時や、
ご招待された際は相手様にお伺いすると
安心かもしれないですね。

さて!私は、仕事柄カレンダー通り季節のルールを守ります笑
というか、先取りしたくて仕方ない笑
でも今年は暑すぎるよー
前半はまだ夏物かなぁ

もっとみる
花無心招蝶
17

令・和装No.11ゆかたのお手入れ今まで、一般のクリーニング店の仕上げを見たことがなかった私は衝撃をうけました。

ゆかたをお手入れして
仕舞う時期になりました。
ゆかたのお手入れは、やはり
専門店にお願いしたほうがいいです。
2,000円から3,000円くらいはすると思いますが絶対専門店で!

なぜか!
一般のクリーニング店は
ゆかたの扱いを
わかっていないようです

のりがバリバリついていて、
アイロンのかけ方も強すぎて
きせがなくなってしまいます。

和服は直線を体に合わせて
丸みをつけて
装っていきます

もっとみる
ありがとう
20

令・和装No.10帯揚げ

着物には魅せるポイントがあります
正面は
衿元と
帯揚げ、
帯締め
後ろ姿は
衣紋の抜きかげん
帯のお太鼓の高さ
八掛の魅せ方

令和装、今回は帯揚げについて

正面のポイントになる
帯のうえのスカーフのようなものが
帯揚げです。
粋な感じ、着慣れた感を出すには
スーッと色がのぞくくらいに結びます

若い方ほど
ふんわりとたっぷり見せるように
結びます

帯揚げが帯からみえる量の違いですが
上の写

もっとみる
ありがとう
21
一期一会
20

令・和装 No.9 ゆかた

夏祭りの終わりとともに
ゆかた姿も見られなくなり
和服好きの私はちょっと寂しい。

和服のルール何が正しいのか
誰が正しいのかって
とてもとても迷いませんか?

私の基準は
「相手や場所を考慮し、
お招きいただいた方やお客様、
お相手に失礼がないように」
という事を基準にしています。

そこで、私が1番難しいと思う和服が
実は「ゆかた」

着付けの免許を取得したのが
24歳の時でした。
教科書には

もっとみる
花無心招蝶
15

令・和装No.8 着付けの後

発表会で高座にあがる方の
お着付けをしました
あまり着物が
きなれないとおっしゃっていた
女性の方にお着付けをしました。

紐がきついという事で
少しゆるめました
帯を締めた時も
きつそうで、
ゆるめたけど、
着崩れも心配で

主に私が着付けの
仕事する時は
コミニュケーションがとれている方や
体型や特徴を知っていての
仕事がおおく
着付け後に
撮影や会場にお付き合いして
見守る事ができるお着付け

もっとみる
花無心招蝶
18

令・和装No.7関東と関西

帯の結び方に関東巻きと
関西巻きがあります。
関西巻きは時計回り。

関東巻きは反時計回り。

私は
くせで、とっさに巻く時に
関西巻きになります
どちらでもいいですよって
言われるのですが
関東で何かイベントがある時は
関東巻きで結びたいという思いがあり
復習する為、
特別稽古をうけてきました。

昼食をとる
時間さえ
もったいないくて
ひたすら
ボディーに着付けしてました。
袴をつけてし

もっとみる
わたしも
18

令•和装 6

なぜスポーツカーをつくるのかっていう
質問に
昔は馬がたくさんいてその馬の数だけ、車に変わっていて

残っている馬は、
乗馬用とか競走馬など

馬を楽しむ人のためだけに残っているって

トヨタ自動車社長の
記事をいつだったか読んだ事を思い出しました

私の携わっている着物の仕事に置き換えて考えてみると

昔はみんな着物を着ていたのに、
今はみんな洋服の生活です。

同じ事が言えるなぁと。

着物

もっとみる
スキをみて書いてます
14