見出し画像

違う業界からみた違和感を形にしている、ヘラルボニー、喫茶カプカプがクールすぎる。

スープストック創業者の遠山さん「スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る(2006.新潮社)」は、2010年に老人ホームの創業メンバとなってからすり切れるほど読みました。今でもよく読み返しています。

「なんでこうなっちゃうんだろう?もっと普通でいいのに」。

遠山さんはこの感覚を持って、当時ビビットな色を使って明視性を高めていた飲食業界の看板の概念をひっくり返し、モノトーンな看板を打ち出しました。そして、プロダクトありきだった飲食の業界に、「1998年 スープがある一日」と題して、Soup Stock Tokyoあるストーリーを作りそこに共感した人たちが結果として、スープを飲む、という文化を作り出しました。

遠山さんは元々飲食業界に居たのではなく、商社マン。違う業界から目の前の光景を見渡したときに抱く違和感を、形にした人だと思います。

ふと、今の広い意味での福祉の世界を見たときに、クールな光景具体化している人たちは、元々違う業界から入ってきた人たちが多いことを感じています。

障害のある人のアート × 建設業界の知識 × 工事中の仮囲い多くある渋谷


この続きをみるには

この続き:3,403文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
買い切りタイプなので、1度お買い上げいただければ、追加課金などはなしで、ずっと読むことが出来ます。単品で購入した場合は総額約10000円相当の記事が入っているお得セットです。

9ヶ月継続したマガジン「ケアとまちづくり、ときどきアート」のマガジンライヴ開催告知記事などを除いた全35記事セットです。 なぜケアと...

または、記事単体で購入する

違う業界からみた違和感を形にしている、ヘラルボニー、喫茶カプカプがクールすぎる。

Satoko N Fujioka

300円

次はどんなテーマで、お届けしようかな。
8

Satoko N Fujioka

福祉環境設計士。85世代/夜間定時制高校出身。24才で介護ベンチャー·老人ホーム創業メンバー。現在は「福祉の再構築を」㈱ReDo代表取締役 /医)オレンジ理事/「親の思考が出会う場」KURASOU.代表. US,NZ,DNK留学。写真は英国・ストックウエルにて。

ケアとまちづくり、ときどきアート。全35記事セット

9ヶ月継続したマガジン「ケアとまちづくり、ときどきアート」のマガジンライヴ開催告知記事などを除いた全35記事セットです。 なぜケアとまちづくりが必要なのだろう?病院を地域に開いた方がいいのはなぜ?アートを介護に持ち込むと良さそうなのはなぜ?地域包括ケアシステムの中で一大ブ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。