「いちばん大切なことは、目に見えない。」

昨日、久しぶりに『星の王子さま』を読んだ。学校の読書週間で毎日本を読んでいる息子に渡すつもりが、つい私の方が夢中になって深夜まで読み耽ってしまいました。

それにしても、毎年今の時期になると作者サン=テグジュペリが蟹座だったことを思い出してはいたけれど、実際に本を開いたのは30年ぶりぐらいかな。

子供の頃より、今の方がこの物語の良さがわかる気がする。。

さて、今日は蟹座のはなし。
5月中旬から火星。6/22から太陽も蟹座入りして、今は蟹座的エネルギーの強い時期。

蟹座は自分の外側に向っていた意識が内側に戻るフェーズで、双子座の時期にした色々な人との出会いや交流の体験、入手した情報等を一旦自分の内側に取り込んで咀嚼していくことで大切な物が見えてくる時期です。

これまで数ヶ月の間、身の回りの人や、世間を騒がせたあの人、この人について「なんであの人はあんなことをしたのだろうか?」、「どうしてこんなことを言うのだろうか?」と他者の考え方や行動について興味をそそられたり、深く考えさせられたりした事もあったことでしょう。

こうした体験の中で、私たちが今の問題点や本当に大切なものに気付いていく過程は、星の王子さまや飛行士の『僕』が様々な旅で出会った人や生き物と交流し、目に見えない、いちばん大切なことに気付いていくストーリーと似ているんですよね。

まもなく始まる7月は天体の逆行も多く、一旦立ち止まってさらにしっかりと『こころ』と向き合う時期に入ります。

これまで大切だと思っていたことが信じられなくなったり、この先どうしていいのかわからなくなったり。一人で問題に立ち向かっていかなければならないと孤独に感じることもあるかもしれません。。

でもこれも大切なプロセス。

じっくりと、しっかりと、自分の大切なものを見つけていきましょうね。


こんな時期に、お勧めの一冊です!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ピピッとキャッチした時しか発信しませんが、マガジン『宙のはなし』登録もぜひ!

ありがとう╰(*´︶`*)╯♡
44

鈴木ワカナ

占星家。子育てママと子どもの為の『星を読む子育てコーチ』メンバー。心理占星術を通して日々感じること、母としてココロが動くことを占星術を知らない人が読んでもフムフムと思えるように書いています。

宙のはなし

ピピッとキャッチした時に『宙の動き』を発信中。当てる占いではなく「なぜ今こんな心境なのか?」を読み解く星読みです。
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

まさに自分をとりまく状況そのものですゥゥ。・(つд`。)・。
長年信じてきたのに、失った人間関係もあり·····がんばります。゚(゚´▽`゚)゚。
望美さん。
秋冬以降、色々変わってくると思いますが、その為にも今は大事な時期。でも、無理し過ぎないでくださいね。

人間関係は失ったと考えずに、学び合う『時』が終わったと考えた方が気持ちが楽になりますよ。互いにとって必要な『時』がまたくれば繋がりますし。。

星の王子さまのバラは、心の中に咲く花のことだと私は思っています。
本当に信じられるものは外ではなく、自身の内側にありますからね〜!
╰(*´︶`*)╯♡
星の王子様の言葉は、年々難しく感じられて、だからいつまでも読んでいられるんだなあって、思います。(●´ω`●)
山田スイッチさん。
ホント、噛めば噛むほどですね。( ・∇・)
子供の頃に読んだ時は『人生には時がある』なんてまったく気になりませんでしたよ。。

王子さまが仲良くなれそうな人とも、絆を結んだキツネとも別れて一人旅路を行くのは『時』が来たから。
私たち現実の人間は『時』が来ても、ぬくぬくとした人間関係や『誰かと一緒が安心』という依存を断ち切って我が道を一人で行くってなかなか出来ないんですけどね。特に日本人は。。

でも、それができれば『自分にとってホントに大切なもの』を見つけることができるし、実はその大切なものは既に自分が持っている。

輝いてる人って、そんな自分自身が持っている宝物を大切にすることが出来ている人で、自身の内側に一輪の花を咲かせている人なんですよね
(*⁰▿⁰*)⁎⁺˳✧༚
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。