#チーム水彩 の「共通の土台」について。

こんにちは、わかつき(@wakatsubasa)です。


東京の東側で「やりたい」に挑戦できる"場所"づくりをしている、僕ら「チーム水彩」。チームの背景を、とある「共通の土台」がある友達が集まってできたとふんわりと説明してきました。


先日、チーム水彩の発起人である、まーしー(@maashii_taiyo)が立ち上げの経緯をブログで書いてくれ、「共通の土台」についても触れています。


今日はその「共通の土台」と、そこから生まれる「信頼」について僕の考えを少し。場所づくりの立ち上げ期の方々やチームづくりに従事されている方々のご参考になれば幸いです。


僕らの土台は、まーしーの友人であり、大山で楽しい経験をしたこと。


僕らにある、とある「共通の土台」がこちら。

一つは、『友達』だということ。そして、もうひとつは、みんな『大山』へ遊びに行ったことがあって、魅力的に感じているってとこ。その二つ。
引用:http://maashiitaiyo.blogspot.jp/2018/03/blog-post_12.html


みな「まーしー」という人間を中心に、「人軸」で集まったメンバー。

続けて引用します。

まず第一に、おれの言葉がちゃんと届くのは『友達』なんだよね。おれのことを知らないと、まじでただただ「やばい!!大山やばい!!」を言ってるだけの人になる(笑)

でも友達だと、「やばいの奥行き」を感じ取ってくれる。そしてその「やばいの奥行き」を一番感じられる場所が『大山』なんだよね。

そんな言葉にできない『奥行き』を共有しているチームだからこそ、多種多様で全員が違う方向を向いていたとしても、ふわふわ上がっていけるとおもっています。なぜなら、全員違う方向を向いていても、根っこの土台は一緒だから

上からみたら全員違う方向をみてて、まとまりないようにみえるかもしれないよ。でも、真正面からみたら同じ土台にのっかってるんだよね、チーム水彩は。そしてメンバーは寄せ集めじゃなくて、大山で三年間やってきたことからできた繋がり。だからこそ、真正面から見た時の土台がつくれる。
引用:http://maashiitaiyo.blogspot.jp/2018/03/blog-post_12.html


ブログの文章をご覧いただくとわかるように、すごく勢いがある笑(僕らの用語で言う"レッツゴー!"な感じ)


実はメンバー同士で初対面の人もいるのですが、みなが共通しているのは、まーしーの人柄に惹かれ、大山でアクセスした「暮らし」に共感していること。

必ずしも一緒に共有したわけではありませんが、共感し合える原体験を持っていること


だから僕らチーム水彩は、お互いがなんとなーく「このメンバーとならうまくいくだろうなぁ」という想いがそれぞれあるはず。


「トトロのおなかの上」のような関係性。そして僕らに必要なこと。


僕らが「なんとなーく、うまくいくだろうなぁ」と思えているのは、鳥井さんの記事で書かれている「トトロのおなかの上」のようなチームだからなのかなと思います。

「トトロのおなかのうえ」のようなコミュニテイが求められている。


「この人にはイタズラをしてもいいんだ」という信頼は、本来は時間をかけて醸成していくものだと思います。しかしチーム水彩では、その信頼がチーム結成を考えると早い段階でできつつあります。


それは、「まーしーが好きな友人」という安心感に加え、「大山に遊びに行って魅力を感じた共感できる体験」を持ちさらに「何か『やりたい』に挑戦したい」という想いがあるからだと思います。


19〜33歳と幅広い年齢がいるにも関わらず、肩肘張らず取り組んで行けているんだなと。


ただ、「なんとなーく、うまくいくんだろうなぁ」と直感はありますが、とは言え僕らはお互いに知らないことも多いです笑。

以前の記事にも書きましたが、いま僕らがやるべきことの一つはよりお互いを知ること。想いを知ること。

リモートでやりとりしているSlackで気軽に発言しあうこと、対面してじっくり話すこと、美味しいごはんを食べること。


最後に


僕らが楽しく取り組めている理由のひとつは、まーしーの人柄。まーしーは、発起人ではありますが、絶対的なリーダーではないと思っています。

対外的には組織上リーダーかもしれませんが、僕らはお互いがリーダーだしそれぞれが役割を持っています。僕の役割のひとつはこうやって物事を発信することだし、まーしーの役割は「いいね!!!!レッツゴー!!!!!」と言うことです。笑


レッツゴー!!!!!


このまーしーの言葉に、みんながワクワクしています。(たぶん笑


※サムネイル画像に使っているチーム水彩メンバーイラストは、諸事情あってひとり足りてません笑。新バージョンができたら、アップデートします笑。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートでビールを飲み、酔ってTwitterやnoteを書こうと思います。よろしければお願いいたします。

🍻
1

若月 翼

僕らが"場所"をつくるまで〜 #チーム水彩 への手紙 〜

#チーム水彩 内への共有を兼ねた、カフェづくり・コミュニティづくり・チームビルディング等に関する勉強note。僕らは共通の土台をベースに集まり、#チーム水彩 として東京の東側に「やりたい」に挑戦できる"場所"をつくっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。