不明確なままの未来を納得感をもって歩く

今日友人と色々話した。未来の話を。


スタートアップに勤めているから、ゴールを明確に決めてロードマップをつくり淡々と進んでいくことが重要で。

仕事を除いても、目標を決めて逆算して生活していくことが、成功(目標達成)への道だ。(成功は一つの表現)


でもあえて、ゴールを決めずにふわっとしたまま進むことも重要だという話をした。同じ組織体で、同じような価値観を共有しているから、あえてゴールを決める必要がないときもあるのかなと。


「あ、それいいよね」という感覚、お互いの納得感をなんとなく共有でいるからできること。そういう組織体なら、未来像を描かなくても進んでいけるんだろうなと。歩きながら未来を描いていく。


阿吽の呼吸って、いい言葉だと思う。長年の蓄積がなくても、共有できる感覚があると思っている。


それだけ。はい、酔いましたさようなら。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートでビールを飲み、酔ってTwitterやnoteを書こうと思います。よろしければお願いいたします。

わかるわー、、、
19

若月 翼

三日月録

若月=三日月とのことなので、ただの日記をオシャレっぽくしてみました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。