【他者(社)を知ること】

例えば恋愛において
この人がいい!という感覚は
必ず比較対象がいて成立します。

ほかの人にはない魅力を感じ、
それに惹かれて恋愛関係に発展します。

今いる環境が自分にとって本当に
メリットがあるかどうかは、
比較対象があってより明確になります。

反対に比較対象がまったくない場合、
なんとなくで判断してしまう
可能性が大きくなると思います。

だからこそ
比較対象、つまり他者(社)を
知ることがとても重要です。

ブレるとか浮気とかではなく他者(社)を
知り比較することで、きちんとした
根拠を持って物事の判断ができます。

さらにそこで得た情報や知識は
誰かに説明するときにより
分かりやすく伝えることができ、
説得力を高めます。

十分なリサーチの上に成り立つ
プレゼンであれば、相手も
素直に聞いてくれることでしょう。

今日はこの辺にしておきます^ ^

#大学生 #21歳 #他者理解 #他社理解 #3C分析 #ビジネス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

じゅん

📍いろいろ仕掛けてる大学生【教育事業/旅行事業/SNSmar./consulting】noteは日々の情報発信用📚
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。