【イベントレポート】鉄拳旅行記:鉄拳番長のStrong Style6 海外遠征日記(前編)

2月8日(初日)

さて初日!仕事を午前中で終わらせて(終わってない)羽田空港へ。BKCが初の海外ということでちょっと早めに到着し待ち合わせをしていたら、まぁ、ちゃんと時間通りに来るね(社会人プロとして合格)

チェックインを済まし空港の中に入ろうとしたら、ここで罠発動
空港係員「すみません、缶のドリンクは持ち込めません」
BKC「おお?」
番長「すまん言い忘れてたw」
BKC「そうなんすね」
番長「初めてだったな、すまんw」

といった洗礼を受け、持ち込み荷物の中から
BLACK OUT、RED BULL、MONSTERがゴロゴロと、、、(どんだけエナジー中毒やねん)

その場で二人でゴクゴクと飲み干すこともできず、ちょっと余らせて係員にお渡しいたしました。

入ってからはお土産を見つつ、空港のラウンジへ。
運良く番長はファーストラウンジを使えるので、そちらで出発までの間優雅に過ごす。

ステーキ、カレーなんかをほお張りつつ大会に向けてと今後の展開について話し合いを進め、いよいよ10時間のフライトへ。

フライト中は席がバラバラだったのでお互い「寝る」「映画」「食事」とここで過ごしてました。(番長はswitchのゼルダに悶絶しつつ半分くらい寝てたかな?)

そして到着。

現地時刻は昼の1時くらい。出発したのが午後20時くらいだったのでやっぱ微妙な時差にやられつつイミグレ(出入国管理)へ。
番長は何度か来ているのでESTA(電子渡航認証システム)はススッと通過。しかしBKCは初めてだったため、一から並び長蛇の列に悶絶、、、途中でLINE電話があり

BKC「これいつまで並ぶんですかね、前が全く見えんのですが」
番長「えと、、、普通待つから待ってて」
BKC「先頭が見えんす」
番長「うん、頑張ってw」
BKC「うす」

ここでお得な情報。ソフトバンクユーザーならsprintに繋げばアメリカ放題で追加料金なしで海外データ通信が可能!みんな忘れずにチェックしておこう!他のキャリアの人はチェックしようね。BKCはそれ知ってたのかな?

そして1時間20分後

BKC「いろいろ聞かれたっす」
番長「お?喋れた?」
BKC「いや、無理でしたので翻訳アプリ活用しまくりでした」

いやーえらい。ちゃんと自分でなんとかしようとする努力がありましたね。海外の人たちは日本人が英語話せないと思って聞いてくれるので、怖じ気づかず、恥ずかしがらず行きましょう。

そして荷物を背負って出口へ行くとWalkerにジョイスティックをサポートしてくれたQANBAアンディが迎えに来てくれてました。
多分アンディ2時間以上待っててくれたな、、、ありがとうMy Friend

アンディの車で昼ごはん?へ

アンディ「何食べたい?」←もちろん英語ね
番長「せっかくだしカリフォルニアらしくINOUTがいいかな?」
アンディ「了解!」

INOUTはカリフォルニアにしかない、カリフォルニアで取れたものを使ったハンバーガー屋さんです。
モスバーガーに似てる感じだけど、まぁうまい。是非カリフォルニア来た時には食べてくれよな。

ハンバーガーセットを頼み、ドリンクはダイエットコークを←気休め
番長「ドリンクMで」
BKC「Lいけるっしょ」

カップ受け取り後
BKC「ナンスカこのサイズ。。。。」

アメリカだよここはBKCさん。
飲みきれないドリンクを片手に大自然に育まれた野菜と肉を貪りました。

食後カリフォルニアの海岸沿いにあるアンディの家へ。
まぁ最高の環境だよ!!徒歩5分以内にビーチってなんだよ!!気候は一年中良いし、景観いいし、、、住みたい。

って思ったぜ。

部屋に入ったら、、、まぁやりますよね「鉄拳
アンディとBKCが鉄拳やる中、番長は時差のためかソファで夢オチしてました。

夢の中でBKCがずっと俺に話しかけてたのは気のせいか。

目覚めると同時にアンディが「今日はステーキにしよう」といって来たので
二人して「最高!」と返事をしたまではいいが、番長に会社からメールと電話攻撃が始まってしまい予定より1時間遅れで
ディナーへ。ここらへんで同じQANBAで働いているジェフとも合流し4人で地元の有名ステーキ屋へ。

まぁメニューを眺めつつ、わかったのが、大、中、小という3つしかないようで、あとは肉の部位を選ぶ感じ。
とりあえずBKCはさっきの洗礼のせいか中を選択。そして番長は迷わず大を選択。

うん、1キロくらいあるぞ、この大。。。
BKC「中でもやばいっす」
番長「えと、なんだこのモンハンに出てきそうなこんがり肉。。。」
アンディラウンド1!
BKC、番長「???」

もちろんアンディもジェフも大を選択。

なんとかむちゃくちゃ無理して食べたら
アンディラウンド2!
一同「!?!?!?」

アンディもう一個オーダーしてました。。。
えと、そういう意味でラウンド2か。

その後もめちゃめちゃ食べろと勧められましたが

一同「100%不可能」
と拒否しなんとか難を逃れました。。。なんだアメリカ人の胃袋は異次元か。いやアンディだけか。

帰った瞬間全員即睡眠(健康的?ではないな)で1日目は終わり。

2日目、中編に続く!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

walker gaming

Walker Gaming Report

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。