見出し画像

Steamセールが終わってしまう前に買っといたほうがいいのではないかと思われるゲームたち

ハロー、ゲームキッズたち。Steamセールで三万円使ったかな?三万円使ってないそこのキミ。ゲームがまだまだ足りてないのでは?来年までそう大したゲームもないんだし、みんながやってるようなゲームやったってそんな刺激ないでしょ?じゃあ、いいか悪いかはわからんけど、とりあえず買っとかないとな!ってなわけで、前回は自分がプレイした作品の中から面白いものを紹介したけど、今回は、自分が今回のセールで購入しようかなと思っている「ずっと気になっていたゲーム」みたいなのを紹介していこうと思うヨ。一緒に壁にぶつかって行こうぜ。

The Eternal Castle [REMASTERED]

80年代に発売されたPCゲームの移植版……という設定の新作アクションゲームだ。とにかくカッコいいネオンカラー/陰影を用いたバキバキのアートスタイルが特徴で、動きもいわゆる「アウターワールド」系ってな感じでカッコいい。是非動画を見に行ってほしい。欲しくなること間違いなしなので。

The Painscreek Killings

一人称視点のミステリーゲーム。そもそもあんまりミステリーゲームがあんまり多くない中でこの雰囲気の良さはすごいし、ぜひともプレイしてみたい。難易度も骨太らしく発売当時(2017年)のナラティヴブーム影響下にある作品なんだろうかと想像してる。っていうかおそらく「ツイン・ピークス」に影響を受けてるよね。「ツイン・ピークス」系のゲームって結構好きな作品が多いし(ミザーナフォールズとかアランウェイクとか)、もっと大々的に流行してほしいジャンルだ。

大体こういうのってホラーゲームになってしまいがちで、そんな中、純正ミステリーなのはいいよね。(いや、僕はホラーゲーム大好きですけど、そればっかだと飽きるというのがあり)

Void Bastards

バイオショックやシステムショック2に影響を受けたFPSローグライクゲームらしい。とにかくアートスタイルが特徴的で、ボーダーランズシリーズみたいな「トゥーンレンダリング」とも違う、完全なコミックスタイルで本当にスクショがカッコいい。FPSローグライクってImmortal RedneckとかZigguratとか「おもろいはおもろいけどずっとやるかっていうとちょっと……」みたいな作品が多いので、これが決定版になるような気がしている。

One Finger Death Punch 2

「小小作品」的な棒人間フラッシュに影響を受けたリズムゲーム(?)One Finger Death Punchの続編だ。一作目はめっちゃスマホで遊んだなあ。二作目はついこないだ出たばっかなのにもう恐ろしい安さになっていて驚く。脳死でゲームしたいときこういう作品が一つライブラリにあると非常に助かるので買っとくといい。もちろんめちゃくちゃやり込んで遊ぶっていう向き合い方も出来る懐の深さを持った作品であるだろうと思う(ボリュームアップしているらしいので)。

Riven: The Sequel to MYST

あのMYSTシリーズの第二作目で、PS版は(ときめきメモリアル2と並ぶ)五枚組という凶悪なボリュームを誇ったポイントクリックアドベンチャー。おそらくシリーズ最高難易度だろうと思うし、これをノーヒントで全クリするのは人間業じゃないと思うけど、頭の出来に自信のあるプレイヤーは挑戦してみてほしい。オレがこのゲームを購入したのは小学生のころだけど、最初にクリアしたのは(インターネットに攻略情報の出揃った)大学生になってからだった。同シリーズのSteam版としては珍しく日本語搭載だし、PS版のクソほどめんどくさいディスク交換からも開放されているので、まあやってみて絶望したらいいと思う。6年越しのプレイ体験も含めて人生ベストゲームのうちの一つかもしれない。

BELOW

インディーゲーム初期のカルト的人気を誇る傑作「スキタイのムスメ」の制作陣がめっちゃ時間かけて作ったローグライクアクションゲーム。ものすごい話題作だったわりに発売後の評判が振るわずすっかり購入することを忘れていた。アートスタイルが相変わらず超かっこいいし、これ絶対面白そうなんで買おうと思う。

The Shrouded Isle

終末的な環境で新興宗教を運営するシミュレーションゲーム。ゲーム内容自体はめっちゃ話題になったので知ってるかたも多いだろう。Switchでも確か出ているはず。っていうかさ、こうやって自分の「気になってる」ゲーム並べると、自分が好きなアートというか自分が「かっこいいと思ってるモノ」みたいなのが完全に透けて見えてめっちゃ恥ずかしいですね。購入前のゲームが「気になる」とき、やっぱりオレは完全に「見た目」から入る人なんだなということが自分で再認識できた。色数が少なく、陰影が濃いのが好きなんスね……。須田剛一チルドレンなんで……。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お金ないです

オス
32
他人のコンピューターをハッキング(クラッキング)して悪いことをしようとしているハッカー(クラッカー)のイラストです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。