見出し画像

BUMP OF CHICKENが教えてくれた「なくてはならないもの」の話

鉄は熱いうちに打て、と言うので、昨晩の話をしようと思う。

昨日は、ロッキンに参加した。知らない人のために説明すると、日本一アツい野外音楽フェス、ROCK IN JAPAN FESTIVALである。
これから書くのは、昨日、グラスステージというロッキン最大のステージで、トリを飾った、BUMP OF CHICKENの話である。

セットリストや素敵な演出の数々は、きっとほかの誰かがエモい感じで語ってくれるから、僕は書かない。

これから書くのは、すべての曲が終わり、花火が打ち上がるまでの5分間の話である。


アンコールが終わり、メンバーが舞台裏にはけたあと、ステージに1人残ったボーカルの藤原基央が言った。
「みんなで、ありがとうの拍手をしよう」

「まずは今日ステージに立ってくれたすべてのアーティストたちと、スタッフに。改めて感謝します。ありがとう」

「次に、ロッキンという20周年を迎えるこの場所に。このイベントがなかったら、世に知られなかったアーティスト、世に知られなかったミュージシャン、世に知られなかった音楽がたくさんあったかもしれない。ありがとう」

「そして、音楽を聴いてくれる人に。聴いてくれる君たちがいなかったら、アーティストに価値はないし、ロッキンだって20年続いてない。ステージの看板だってないわけだよね。スゲえよ君たち。ありがとう」

「最後にここにいる君たち自身に。君たちは、朝から来た人も、昼から来た人も、それぞれ色んな場所からここに来たと思う。楽しかった思い出もあるだろうし、もしかしたら嫌な思い出もあったかもしれない。そんな中最後まで頑張った君たち自身に拍手しよう。ありがとう」

夜7時半のグラスステージに、溢れんばかりの拍手が鳴り響いた。


音楽なんてさ、衣食住のどれにも入ってないんだよ。なくても生きていける。でもないと生きていけないのが、僕たちや君たちなんだ。今日は、本当にありがとう」

彼は最後にそう言って、ステージを後にした。


誰だって、衣食住のほかに、なくてはならないものがある。
それはときに音楽であり、ときに恋人であり、ときに会話であり、きっと70億人70億通りあるんだと思う。
そんなことを考えながら、やっぱり「生きるのは最高だ」と痛感した。

彼がステージを去ってすぐ打ち上がった花火が、最高に綺麗だったことは、今さらとやかく言うまでもない。
昨日は、ロッキンがなくても、BUMP OF CHICKENがいなくても、一緒に行った人がいなくても、決して成り立たない素敵な1日だったと、翌日になった今思う。


あなたにも「なくてはならないもの」はありますか。

あなたにとっての「なくてはならないもの」はなんですか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

無料でできる感想ツイート/シェアで、十分嬉しいゆめちゃです。 それでも誰かがサポートしてくださった時には、そのお金でおいしいコーヒーを飲みながら、noteを書くようにしています。

約束は今日破るけど大好きよ「大人になったらパパと結婚」
290

ゆめちゃ

今日と明日を彩るnoteを書きます。エッセイ/コーヒー/妄想。スキを押すとキュンとする短歌が読めます。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント6件

ゆめちゃさん、すごく心にくるnoteでした。最高です!
≫マスモトさん お久しぶりです〜 ありがとうです!note書き続けてると、いいことありますね!
熱い素敵な記事を読ませて頂きありがとうございました。
なくてはならないもの。
自身の感情をいろいろなかたちで表現することかな、と最近おぼろげに感じております。
≫ヤスタニさん 熱狂冷めやらぬうちに書いたので、「熱い素敵な記事」と言ってくださって嬉しいです。 いろいろなかたちでの感情表現、クリエイターっぽくて素敵です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。