【ぶんぶくちゃいな】なるか、中国SNS下剋上

わたしは日々、最低でも20ほどの中国ニュースサイトに目を通しているのだが、今週最大の注目のニュースとなったのは、通信機器メーカー「華為 Huawei」(以下、「ファーウェイ」)の創業者の任正非CEOが西洋メディアの一部を招待してインタビューを受けたことだろう。

昨年12月1日にカナダのバンクーバー空港で拘束された任の長女の孟晩舟・ファーウェイCFOの事件をきっかけに爆発というよりも、ファーウェイにとってはほぼ「暴発」状態といえる、ファーウェイ製品のセキュリティ問題や、ドミノ倒しのように各国から伝わってくる「ファーウェイ機器排除」に対して、説明の必要に迫られた結果だった。

そこで語られたことは、すべての疑惑に対する否定とファーウェイの先進性に対する釈明で、すでにほとんど人の口端には上らなくなっている。しかし、2015年に英BBCの取材を受けて以来、一切外国メディアの前に姿を表さなかった任CEOがインタビューを受けた、あるいは受けざるを得ない事態にファーウェイが追い込まれているということ自体に「ニュース」価値があった。

中国メディアもまたさらりと一通りそれを報道したものの、あまり関心を示していない。海外メディアがわんやわんやとファーウェイ騒ぎを論じているとき、今週の中国メディアは「SNS祭り」に湧いていた。

というのも、任CEOが海外メディアにその企業理念を語ったその日、SNS業界ではなんと立て続けに3社からそれぞれに新しいSNSサービスが発表された。そしてそれらはただ「新しい」だけではなく、それぞれに中国IT業界にとって「見どころ」を持つ、鳴り物入りの製品だったからだ。

●「時代のいけにえ」から戦線復帰した起業家

この続きをみるには

この続き:7,802文字
記事を購入する

【ぶんぶくちゃいな】なるか、中国SNS下剋上

ふるまいよしこ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい、うれしいです!
7

月刊「ぶんぶくちゃいなノオト」

メルマガ「「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」(月ほぼ4回/毎週土曜日配信/祝日、第5土曜日及び年始年末は配信なし)のテーマ記事「ぶんぶくちゃいな」を配信しています。更新予定は配信後の日曜夜。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。