見出し画像

【ぶんぶくちゃいな】繰り返される「記憶」:文革、そして庶民の不審死

中国の社会ニュースはなんともいえない重苦しいものが続いている。今週メディアが取り上げたトップニュースはなんといっても5月16日が、1966年に発動された文化大革命(文革)から50年目にあたる記念日だったことだろう。

だが、毛沢東による権力闘争として知られるこの歴史的事件も、まだすべてを掘り起こして語り尽くすことができるムードにないことは、中国メディアが「さらり」とそれに触れていることでも明らかだ。

5月初めには習近平が突然、「知識分子(知識人)たちの批判を寛容に捉えるべきだ」と発言したことがニュースになった。今年2月にはその習が新華社、人民日報、中央電視台という3大国営(プロパガンダ)メディアの本部を訪れて、「メディアの“姓”は党である」と述べて大きなニュースになったばかりで、決して真意とは受け取れない。

だが、今月初めの習の発言とほぼ同じ頃に「ウォール・ストリート・ジャーナル」が伝えたところによると、一部経済アナリストが政府の金融管理当局筋から「政府の肯定的な経済予測に反するような論評をしてはならない」と口頭で警告を受けたという。

そうして迎えた文革50週年。前述したようにこれを「節目」と呼べるほどの姿勢を政府が打ち出していないために、その取扱いは「要注意」のまま。

この続きをみるには

この続き:2,870文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

※当マガジンは2017年12月末をもって更新を終了いたしました。2018年1月からの記事は「月刊『ぶんぶくちゃいな』」(http://...

または、記事単体で購入する

【ぶんぶくちゃいな】繰り返される「記憶」:文革、そして庶民の不審死

ふるまいよしこ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

你當然喜歡啦!

ふるまいよしこ

フリーランスライター/香港14年+北京13年半から今日本。中国や香港の市民社会について日本メディアがあまり伝えない話題を紹介。まるっと講読は夜間飛行配信メルマガ「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」(月864円:http://bit.ly/1Sp0eJq )がお得。

§ 中国万華鏡 § 之 ぶくぶくちゃいなノオト(更新終了)

※当マガジンは2017年12月末をもって更新を終了いたしました。2018年1月からの記事は「月刊『ぶんぶくちゃいな』」(http://bit.ly/2A23ZT7 800円/月)をご覧ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。