都市対抗野球へ、ようこそ!【2018.7.21編】

都市対抗野球における隠れた魅力。それは「タダで配布される応援グッズ」である。
この大会はチケットだけでなく、グッズもタダで手に入る。何と観客的にはお金がかからない大会だろうか!
手に入るグッズの代表例として、下記の2つは外せないだろう。

・チーム紹介の小冊子
・うちわ

うちわというのが、何とも夏の野球大会という風情が醸し出されてとても良い。
さらに、各チームが嗜好を凝らしてこのようなグッズが追加されることもある。当方がSNSなどで確認したのは以下の通り。

・タオルマフラー
・ビブス
・チアステック
・Tシャツ
・鼻セレブ
・狭山茶(!?)
・炊き込みご飯の素(!?)

これらのグッズを混ぜてくれるチームもある。これは企業規模だったり、地域性によるので「当たったらラッキー」くらいの感じで捉えて頂ければ幸いである。

大会に通い詰めていると、「野球が観たい」を通り越して「どんなグッズが貰えるのだろう」という興味が上回るケースがある。
ある日、「都市対抗野球ダイジェスト」の名物コーナー「今日の応援団」を見ていて、おっ! と思ったシーンがあった。

JR東海のタオルマフラー、良いなあ。

チームカラーのオレンジに白が程よく調和した色合い。多くの観客がそれを掲げ、フィールドに力を送っている。緑色を基調とした東京ドームの観客席と、それがまた似合っているのだ。
そうだ、2回戦はトヨタ対JR東海を見に行こう!

カンカンの日差しが人々に襲いかかる午後1時半。僕はドーム周辺の大行列に並んでいた。
人気チームの試合になると、会場周辺の至る所に整理列ができる。列に並んで待つということが苦手な性分故に、いわゆる人気の無いチームの応援席にいき、さっと観戦体制を整えるということが多かった。
でも、今日はちょっとの我慢だ。我慢すればタオルが貰える…

JR東海のタオルマフラー、配布終了したみたい

えーっ!
行列待ちの時間中に、ふらっと覗いたTwitterに書いてあった衝撃の一言。何のために、僕はこの暑い中、並んでいたというのだろうか…。

とりあえずトヨタの応援列にも並んでみた。頂いたグッズは厚紙でできた、二つ折りの選手紹介ボードだった。仰げばそれなりの風も吹くので、うちわの代わりにもなる。うちわほどダイレクトに風が来ないのが難点だが……。

7回表の攻撃、1塁側のJR東海の応援席では高らかに、観客たちがタオルマフラーを掲げていた。前の試合で頂いたのを持ってきた方、この日運よく貰えた方…色々いるだろう。
たかが無料配布グッズ、されど無料配布グッズ。こんなところで一喜一憂してはいけないのだけど、やっぱりJR東海のタオルマフラーは栄える色合いをしているのであった

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうもです。このサポートの力を僕の馬券術でウン倍にしてやるぜ(してやるとは言っていない)

どうもです。サンロッカーズ渋谷で好きな選手は伊藤です
8

和良 拓馬

Sports Short Films

自称インディーズスポーツライターの当方がつらつらと記した文章をひたすら載せていくマガジンです
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。