見出し画像

「忘れ物」 1年・西尾颯大

平素よりお世話になっております。
今回の部員ブログを担当させていただきます、スポーツ科学部1年の西尾颯大と申します。
私自身のサッカーの目標について書きました。
最後までお読みいただければ幸いです。


「日本一になる」

これが私の大きな目標であり、夢です。
高校3年間の忘れ物を取りに行くために、大学サッカーをすることを決めました。


私は高校時代に2回全国大会の決勝に行き、2回とも負けてしまい、全国準優勝で終わりました。
1回目は高校2年時の選手権で前橋育英に0-1、
2回目は高校3年時の選手権で青森山田に1-3で負けてしまい、一度も日本一を取れずに高校3年間が終わってしまいました。


高校2年の選手権で、前橋育英に最後の最後で決められて負けて、正直そこからの1年間は本当に頑張った。
夏のインターハイも習志野に千葉予選で負けて、そこからさらに練習のギアが上がって、夏の練習も毎日本当に地獄だったけどやりきった。
チームも個人も何回も壁にぶつかったけど全員で乗り越えた。
そして選手権が始まって、
千葉予選で市船をぶっ倒して全国行きを決めて、日本一を取れるって自信しかなかった。
それでも決勝で負けて日本一にはなれなかった。


日本一になれなくて、日本一との差は一歩とか本当に少しの違いだと感じました。
例えば、一歩遅れてセカンドボールを拾えないとか、1つのプレーで球際で負けるとか、このような当たり前の部分だったり、一歩頑張れるか頑張れないかが大きな差になっていくと感じたし、上に行けば行くほどこの部分の強度が違うと感じました。

この”少しの部分”は日々のトレーニングの積み重ねだと思います。
トレーニングの中で、走りでもラインまで一歩を妥協しないでしっかりと行くとか、きつい中でも積極的に動くとか、そのような細かい部分に拘ることが試合に繋がると思います。
幸いにも日本一を目指せるチャンスはあと4年間あります。
二度も日本一になれなかった悔しさをバネに、
大学サッカーでさらに成長して
もう一度日本一に挑戦したいです。


日本一になって、どうしてもあそこからの景色を見てみたい。
プロになるより日本一を取りたい。
チャンスは残り4年間、
今はAチームに絡めていないけど、小さいことから積み重ねて、今度こそ日本一を取れるように頑張っていきたいです。


「日本一になる」


この目標を叶えるために
”忘れ物”を取りに行くために
大学サッカーを4年間頑張ります!


拙い文章でしたが、最後までお読み頂きありがとうございました。


西尾 颯大(にしお はやた)
学年:1年
学部:スポーツ科学部
経歴:アーゼット'86東京青梅(青梅市立第二中学校)→流通経済大学付属柏高校

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

早稲田大学ア式蹴球部【公式】

「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。