見出し画像

「辛い時こそ、成長している」 1年・水野雄太

平素よりお世話になっております。今回の部員ブログを担当させていただきます、スポーツ科学部1年の水野雄太です。

私は小学3年生の頃からサッカーを続けています。サッカーを始めるきっかけは自分でもよくわかりませんが、気付いたらサッカーに釘付けになっていました。

私の小さい頃の夢は、家の前の道を夜にバイクをブンブン鳴らして通っていた暴走族になることでした。
その頃は全くプロサッカー選手になりたいなんて思ってもいませんでした。ただサッカーをして楽しめればいいと思ってやっていました。また、消防士にもなってみたいなということも思ったりしました。

私がプロサッカー選手になるという夢を持つことが出来たのは、大津高校に入学をしたからです。大津高校は多数のプロを輩出していたので自分もその1人になりたいという気持ちでサッカー部に入りました。しかし、現実は甘くありませんでした。寮生活をしていた私は1年生の頃は洗濯を干して寝るのが夜中の1時〜2時でした。毎日朝練があるので朝の5時半に起きて朝食を取り、朝練に行っていました。1日の平均睡眠時間は4時間〜5時間でした。本当にきつすぎて何度も辞めようと思いましたが、何の為にここに来たのかを考えることで耐えることができました。

大津高校で平岡先生の指導を3年間受けたことで、サッカーだけではなく人間性も磨くことができました。私は平岡先生の「辛い時こそ、成長している」という言葉が印象に残っています。高校時代の練習は決して楽なメニューはありませんでした。ですが、しんどくなってもこの言葉がふと頭に浮かぶとまた頑張ることができました。試合で全然ダメで泣きながら走らされた時もありましたが、今、この組織でサッカーが出来ているのも平岡先生のおかげだと思っています。

私は高卒でプロを目指していましたが、その夢は叶いませんでした。しかしプロサッカー選手になるという夢は現在も変わっていません。

・熊本から快く送り出してくれた両親に恩返しをしたい。
・今まで指導してくださった方にいい報告がしたい。
・子供達に元気と感動を与える選手になりたい。

このような事を書くのは少し照れくさいですが、自分の理想としている選手に、そして、ピッチ外でも信用してもらえる人間になれるように4年間頑張っていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


水野 雄太(みずの ゆうた)
学年:1年
学部:スポーツ科学部
経歴:ソレッソ熊本(益城町立木山中学校)→熊本県立大津高校

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

早稲田大学ア式蹴球部【公式】

「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。