【取材音声】都会の若者と田舎をつなぐ構想とは?草木染め職人|瀧本染昌さん

草木染め職人の瀧本染昌さんを取材した音声を公開します! 徳島県神山町での食をはじめ、田舎暮らしの子育てや若者と田舎を繋ぐ取り組みの構想のお話をしています。

❏本記事はこちら!
【徳島県神山町】今必要なのは、リアルを知るきっかけと、感謝の意識を持つこと 
【徳島県神山町】今は暮らしを選択する時勢。若者にとって“古き良き文化は新しい” 

ときどき「ポコン!」となる背景の音は、薪を割っているとことです。リアルな空気を感じられるので、ぜひじっさいのお話も聞いてみてくださいね!

[2]子どもの自主保育がしたい!|草木染め職人:瀧本染昌さん


この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【取材音声】都会の若者と田舎をつなぐ構想とは?草木染め職人|瀧本染昌さん

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

灯台の管理人。 2015年1月・2月号・3月号

コメント3件

ときどき「ポコン!」となる背景の音がデカくて驚きました。
そうなんです…!驚かせてしまってごめんなさい。。取材中、真後ろで薪割りをしている方がいたんです。笑
私、実は取材に必死すぎて全然記憶に無いんです、その音。笑 (佐野)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。