[ゆるぽむ日記]島根に向かう飛行機の中で、ひとり

どこかに行くのって、やっぱり好き。

飛行機に乗っている時間、好き。

ふわりと心が軽くなって、笑うことを思い出す。

このnoteでお話したことあるかしら。私、空の上を飛んでいる時間って、「免罪符」だと思っていて。

いつも「何か」をしていないと落ち着かないから、頭はだいたいフル稼働。

「移動」している時だけは「移動」しているわけだからして、他に「何か」する必要があんまりない。

「移動」している時は「移動」だけ。

休んでいいよと言われている気がして。

背負い込んだいろんなものを、1回全部預けて拾う。残ったものだけが、「ほんとに必要だったこと」。

この続きをみるには

この続き:342文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

[ゆるぽむ日記]島根に向かう飛行機の中で、ひとり

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

灯台の管理人。 2015年1月・2月号・3月号

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。