【その後、どうですか?】クラウドファンディングで200万の目標金額を達成。ソルズコーヒー(SOL’S COFFEE)の音楽事業がおもしろい

こんばんは、タクロコマです。

不定期連載としてnoteではじめた、「もしもしシリーズ」。取材させていただいた方の、その後をうかがうnote限定企画です。今回は、東京「蔵前」でカフェと音楽事業をソルズコーヒー(SOL’S COFFEE)さんにおうかがいを立ててみました。

※もしもしシリーズは、FacebookのメッセンジャーやLINEなどチャットツールや電話取材にてお話を伺っています

■もしもしシリーズ1回目:「もしもし堤さん、その後どうですか?」
■もしもしシリーズ2回目:「もしもし天野さん、その後どうですか?」
■参考:【蔵前】身体に優しいコーヒーを。ソルズコーヒー(SOL'S COFFEE)
■参考:【蔵前】コーヒースタンドに音楽事業部?ソルズコーヒー「町の音を変えたい」理由とは

その後、どうですか?

タクロコマ ご無沙汰しております。

荒井利枝子(以下、荒井)お久しぶりです。今日は、よろしくお願いいたします!

タクロコマ こちらこそ本日はどうぞ、よろしくお願いいたします!

荒井さんにはこれまで2度取材させていただきました。はじめは2015年の5月。およそ半年後の10月にも、お話をおうかがいして。

記事の反響はありましたか……?

荒井 ソルズコーヒーで働きたいと言ってくれる方や取材にお越しになる方の大半が、「灯台もと暮らし」さんの記事を見て、来てくれています。ソルズコーヒーと調べると、検索して上の方にヒットするみたいですね。上手にまとめていただいて、私たちの想いをより伝えやすくしていただいていて感謝しております!

タクロコマ ほんとうですか…! 微力ながら役に立てているようで、うれしすぎます。

「ソルズコーヒーロースタリー(SOL’S COFFEE ROASTERY)」をオープン

タクロコマ 2015年の9月には、「ソルズコーヒーロースタリー(SOL’S COFFEE ROASTERY)」を浅草橋にオープンしました。焙煎機を稼働させるために、クラウドファンディングを実施していましたね。達成おめでとうございます。

荒井 ありがとうございます!

タクロコマ 達成金額200万円って、クラウドファンディングの中でもとても高額です。達成できたことがすごいなと思いました。

荒井 焙煎機の稼働に必要な金額が200万円で、達成しなければ焙煎機がオブジェになるという状況でした……。

タクロコマ オブジェになるのは、こわくて想像したくないですね(笑)。

荒井 本当に必死に頑張りました。

タクロコマ やっぱりクラウドファンディング最中は、不安な日々だったのですか…?

荒井 はい、本当に。こんなにも「お願いします!」と「ありがとうございます!」を言うことって、これまで経験したことがなかった。生きた心地がしなかったですね。自分以外の誰かからお金の支援をしていただくという、すごく身勝手なことをしているのではないか?という気持ちと、応援してくれている人がいるうれしさで、気持ちの浮き沈みが激しかったです。

タクロコマ 焙煎機が稼働することで、お店はどんなふうに変わりましたか?

荒井 ソルズコーヒー開業当初からの目標だった「東京で焙煎すること」が叶い、より専門性を高めることができたり、スタッフやお客さまたちにソルズコーヒーらしさを伝えやすくなったりしました。

タクロコマ ソルズコーヒーの輪郭が、はっきり見えて伝わるようになった。

荒井 そうですね。私たちの想いに共感してくれて、珈琲豆の卸やドリップセミナーなど、ソルズコーヒーの考え方を買っていただく仕事も増えてきました。

タクロコマ どのようなお仕事ですか? このあいだ根津のカフェでソルズコーヒーの看板を見たのですが……。

荒井 HOTEL GRAPHYさんですね!

タクロコマ あ、そうかもしれないです!卸は東京東側付近でやっているのですか?

荒井 地域の限定はしていませんが、私が直接納品と挨拶に行けるところがいいなと思っています。

タクロコマ 今はどちらのお店に卸していますか?

荒井 今はドリップセミナーに来てくれて、ソルズコーヒーの考え方に共感してくれたHOTEL GRAPHYさん。あとはもともとお客さまで近所のtenabetteさん、墨田区の尊敬している女性社長さんが経営している二階の食堂です。御徒町のwood workさん、浅草のmederu jewelryさんは、別業態とのコラボ的な感じで焙煎した豆を提供しています。

タクロコマ 焙煎機ができることで、こんなにもソルズのコーヒーが広まっていくのですね。ぼくもうれしくなります。

音楽事業部「ソルズサウンズ」が動画制作?

タクロコマ 新しく立ち上げた音楽事業部「ソルズサウンズ」では、どのようなことをしていますか?

ソルズサウンズを生かして音に関連づけたアプローチをしたいと考えています。たとえば楽曲をつくって、ソルズコーヒー店内だけではなく動画とコラボしたり地域と人を結びつけるようなイベントを企画したりして、町に進出していきたいですね。コーヒーも、音楽もひとつの手段ですから。

お話をうかがったひと

荒井 利枝子(あらい りえこ)
2009年4月にSOLISM株式会社を設立。同級生の親が研究していた自家焙煎珈琲を引き継ぎ販売することを決心し、SOL’S COFFEEとして通信販売と移動販売を開始。その後、江戸川区にて実店舗、蔵前にてコーヒースタンドSOL’S COFFEEを開店。2013年11月からオフィス内コーヒーショップ業態運営をはじめ、2014年1月には珈琲豆卸業開始。デザイン雑貨KONCENT蔵前本店内にてコーヒースタンドを開店。2015年9月に東京ロースター店をオープン。

お店の情報

ソルズコーヒー(SOL’S COFFEE)
住所:東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル1F
営業時間:8:00~20:00
定休日:水曜日
電話:03-5829-8824
公式サイトはこちら

***

以下は有料にて公開しております。こちらのnoteを単品で購入するか、継続課金の月額有料マガジンをご購入してください。

***

この続きをみるには

この続き:603文字/画像1枚
記事を購入する

【その後、どうですか?】クラウドファンディングで200万の目標金額を達成。ソルズコーヒー(SOL’S COFFEE)の音楽事業がおもしろい

灯台もと暮らし

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

C.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。