[ゆるぽむ日記]カラフルなニット帽と素敵古民家と灯台もと暮らし

こんばんは、佐野です。

しつこいようですが、徳島に行ってきたんですよ。他に書くことが無いから書いているのではありません。すごく楽しかったから書いているのです。

【これまでに書いた12月の神山出張のnote記事】
[ゆるぽむ日記]西へ、西へ。愛の逃避行を奏でる二人
[徳島駅に着きました!]そして誰もいなくなった…。
神山二日目の朝!
[ゆるぽむ日記]おはよう、かみー。(神山)
[ゆるぽむ日記]窓の外を流れる景色と、みたびふたたび歩く道。
取材日記〜女性視点を含めて〜

実は、今回の神山取材は、Waseiのメンバーだけで行ったのではありませんでした。このnoteのアイキャッチ画像をご覧いただいても分かる通り、素敵なニット帽をかぶった青年たちと、現地集合で共に行動しておりました。

ちなみにアイキャッチの写真はこちら。

…小松崎さんがいない?いえいえ、見えませんか?左から、グレー、紺、オレンジ、茶色…。グレーと紺の間に見える、黒いパンツを履いた男性…。

私には見えます。

黒いパンツの上に、ワインレッドのニット帽をかぶって眼鏡をかけ、不敵に笑う小松崎さんの姿が。

神山の奥に広がる美しい棚田の景色。それらに目もくれず、明後日の方向もしくは隣に座る美女を盗み見て、謎の微笑をたたえる23歳・独身・茨城県出身の小松崎拓郎…。


怪しいですね。非常に怪しいです。

よく、こんなペア(小松崎・佐野)に素敵な青年たちが付き合ってくださったものです。恐悦至極です。感謝カンゲキ雨嵐です。

彼らは何者か?

言ったでしょう。「素敵青年たち」です。もう少し言葉を付け加えるとすれば、「神山出身ではないけれど、神山に数か月滞在したことがある、素敵青年たち(20代)」です。

ぽん と地域に入って、そこで暮らす人々に話を聞く。もちろん物書きの端くれですから、例え初対面だとしても、取材とあらば、聞きたい話、想像もしていなかった面白い話を聞き出すことも仕事なのかもしれません。もちろんそこは頑張ります。けれど、そういった努力では辿り着けない場所に、彼らはWaseiを連れて行ってくれました。彼らがいなければ、聞けないこともあったはず。

二度でも三度でも言いましょう。感謝カンゲキ雨嵐です。


この続きをみるには

この続き:792文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

または、記事単体で購入する

[ゆるぽむ日記]カラフルなニット帽と素敵古民家と灯台もと暮らし

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

灯台が出来るまで。2014年11月・12月号

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

コメント10件

くいしんさん
noteが入っている!嬉しい!ありがとうございます。
…ん?いや、オズとエスカワって全然…こう…違いませんか?笑 私はそーゆう分類を考えるのは、嫌いではありません。笑

美咲さん
なんだか、那須塩原に行って来た方がよい気持ちになってきました。 マグカップ!
写真アップして下さい、って、noteのコメント欄にそういった機能はないのですね…笑(佐野)
カフェを中心にものづくりの人たちが集まって、その界隈だけ独特の雰囲気があるので、是非。わたしのノートに画像あげておきました。ぽってりとしていてとてもかわいいです。
くいしんさんも死ぬまでには・・・・・。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。