「うさぎカフェ」と訪日外国人観光客|Bunny's Theme Park WithBunny浅草店

浅草駅7番出口から徒歩1分、松屋浅草の裏手の通りに位置するのが、「うさぎカフェ」こと「Bunny's Theme Park WithBunny浅草店」。

ここは、年間3万人以上が来店するという、うさぎと触れ合える都心のオアシス。5階建てのビル1棟がまるごと店舗となっており、全6フロアで8種26匹のうさぎと遊べます。

8種26匹……? そんなに数多くのうさぎ、また種類がいることにも驚きますが、一番注目したいのは、その客層。

お店のオープンは2013年。初年度の来店者数3万人のうち、約7割が日本人の方でしたが、翌年からは約7割が訪日外国人観光客に。3年目となる2015年は、じつに来店者数の約9割が、訪日外国人観光客になったといいます。

浅草の駅近という立地が功を奏しているとはいえ、なぜこのお店は、これほどまでに訪日外国人観光客に愛されるようになったのか? 秘訣は? 心がけたこととは?

その内情を聞きに、オーナーの川岡さんにお話を聞きに出かけます。

■参考:「Bunny's Theme Park WithBunny浅草店」のシステムや利用方法はこちら

***

「最初から訪日外国人観光客の方をターゲットにしていたわけではありませんでした」

この続きをみるには

この続き:4,670文字/画像5枚
記事を購入する

「うさぎカフェ」と訪日外国人観光客|Bunny's Theme Park WithBunny浅草店

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。