別荘丸ごと独り占め!光放つあの場所へ…

合宿の舞台「ル・ファーレ」のすすめ

東京駅八重洲北口から、房総なのはな号という高速バスに乗って、安房白浜バス停まで2時間半の道のり。

千葉県の房総半島の最南端の町、白浜という場所に建つ「ル・ファーレ(LE PHARE)」は、暮らすように旅をしたい、という願いを叶えてくれる夢のような貸別荘です。

写真:公式HPより

泊まれるのは、一棟一組。つまり、貸切り。

おされな言葉に置き換えますと、これ、「バケーションレンタル」と言うそうな。皆さん、この言葉、ご存知でしたか…?恥ずかしながら、私予約時にHPを拝見して、初めて知りました!(聞いたことがあるような?いや、やっぱり無いなぁ、いやん、セレブな響き〜♡)

…すみません、取り乱しました。えぇと、つまり。そうそう!こんなに綺麗なコテージを、自分達だけで思いきり楽しむことが出来る、ということなのです。これは、皆様にも是非ぜひご紹介したいなぁ、と思いまして!

この続きをみるには

この続き:989文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

または、記事単体で購入する

別荘丸ごと独り占め!光放つあの場所へ…

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

灯台が出来るまで。2014年11月・12月号

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。