もとくら掲載用の各自のキャッチフレーズを考え中です!

どうも佐野(@ein_seuen)です。

突然ですが、今メンバー全員のキャッチフレーズを考えています。

あ、いえ趣味でというわけではなくて、一応もとくらのメンバーページに掲載する用として…。

最初は「自分のキャッチコピーは自分で考えよう!」と言っていたのですが、それが結構難しかったので、とりあえず、メンバー全員でお互いのキャッチフレーズを考えてみることにしました。

以下は、それを羅列したもの。メンバーにどう思われているのかが出て、結構面白かったです。


この続きをみるには

この続き:944文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

または、記事単体で購入する

もとくら掲載用の各自のキャッチフレーズを考え中です!

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

灯台が出来るまで。2014年11月・12月号

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

コメント4件

それぞれコメントが違うので、一人ひとり立体的に見えてきますね〜(ღ˘⌣˘ღ)選ぶのは難しいですね( •́ .̫ •̀ )
・すきってなんだろう・熱いも辛いもどんとこい・書けるペンならここにあるわよ・ふへぇ、立花です・僕はどうすればいいんでしょう にそれぞれ一票。キャッチフレーズ、おもしろいですね。
テライヒロさん

みんな全然違いますよね。わたしは「中1」が結構好きでしたが、さすがにメディアに載せるキャッチフレーズとしてはどうなのでしょうね?笑 (佐野)
美咲さん

わぁ~!投票ありがとうございます。「ふぇへ、立花です」ですか!?さすが美咲さん、Wasei通ですね…!そちらは小松崎さんが考えた案です。笑 美咲さんのキャッチフレーズも今度考えてみましょう。(佐野)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。