[取材音声]自分がより良くなるための実験をして100点をめざす|徳島県神山町:定岡俊祐さん

あなたにとっての「地に足の着いた暮らし」とは、どんなものでしょうか?

徳島県神山町で暮らす定岡俊祐さん。お子さんを抱っこして一枚。旅を通じて培われた経験から編み出されるお話は、とても説得力がありました。

話題

・社会やルールの上に乗ることは、地すべりをおこしやすい
・自分で「これがいい」という価値を決め、追求すること
・自分が生きるためのエネルギーの枠を作ること
・トライが少ないと、自分の輪郭がぼんやりする
・自分がよりよくなるための実験をして、0点かもしれないけど100点をめざす
・地に足を着けるとは、体験を通じて、知識が知恵になること

この続きをみるには

この続き:50文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

[取材音声]自分がより良くなるための実験をして100点をめざす|徳島県神山町:定岡俊祐さん

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

灯台の管理人。 2015年1月・2月号・3月号

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。