「生きる」をかんがえる

2014年1月に、ウェブメディア「灯台もと暮らし」を立ち上げた。

当時、わたしはまだ大学生だった。

ローンチはなぜか元旦で(キリもいいし、と盛り上がったノリでそうなった)師走は卒論と平行して、もとくらのオープニングを飾る記事をひたすら書いていた記憶がある。

そんな日々から、早5年。

5年も経てば、人は変わる。

否、変わろうとすれば、いくらでも変われる、と思う。

それを教えてくれたのは、もとくらを通じて知った人々の生き様だった。

現在のもとくらには、1,064記事公開されている。

単純に考えれば、1,064通りの生き様を見てきた事になる。

その粒ぞろいの姿勢に感化され、わたしも今や北海道に引っ越しちゃったくらいだから、泥臭く続けるのも悪くないね。

それに、この5年で変わったのは、わたしだけではない。

この続きをみるには

この続き:671文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

リニューアルする灯台もと暮らし編集部。「新しい灯台ができるまで(マガジンの名前、仮です)」は、NEW・もとくらが始まるまでの限定のマガ...

または、記事単体で購入する

「生きる」をかんがえる

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

新・灯台ができるまで

リニューアルする灯台もと暮らし編集部。「新しい灯台ができるまで(マガジンの名前、仮です)」は、NEW・もとくらが始まるまでの限定のマガジンです。新体制の編集部の頭の中を「編集部紹介」「新企画の話」「マイベスト記事」「デザインの話」という切り口でご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。