【ゆるぽむ日記】群馬県桐生市は、もの作りの音がする町。

ポチャン、と音がする。

静かに強く紙を漉く、数百年前から変わらぬ和紙の音がその場に響く。

近くて遠い、水の音。その手が紙を、作り出す。

紙は、木からできているのだと肌で知る。木を育て、皮を剥ぎ、手で繊維をほぐして「トロロアオイ」と混ぜられる。(小松崎さんはこの場面で非常に興奮していた)素材を混ぜ、色を出し、模様を付けて、紙にする。

気が遠くなるほどの繊細な作業を、彼は群馬県に残るただ一人の桐生和紙の職人として日々淡々と続けていた。


若い人は、紙を買わなくなったのだと言う。

この続きをみるには

この続き:699文字/画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【ゆるぽむ日記】群馬県桐生市は、もの作りの音がする町。

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

灯台の管理人。 2015年1月・2月号・3月号

コメント2件

上毛カルタで、”きりゅうはにほんのはたどころ”という文があったことは覚えていますが、和紙も継承されているんですね。初めて知りました。
木村すらいむさん

上毛カルタって何だろう…?と思い、調べてしまいました。地元の方々の間では有名なのでしょうか??桐生織りの方もお会いしてきました!(佐野)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。