これからのもとくらを考える・立花さんと

こんばんは!

小松崎(タクロコマ)です。

もとくらがオープンしてから4年目に入る段階。

今、なにを思い、どうしていきたいか? 編集部メンバーに聞いていくヒアリングリレー。

編集長のバトンを引き継ぐ上で、もとくらをどうしていきたいか、どんなことにトライしたいか。みんなが今思うことを聞いて、考えたい。

そう思い、じっくりお話するヒアリングリレーをはじめました。

まず初回は、物理的にいちばん離れている北海道下川町にいる立花さんだ!と思い、週末に電話しました。


小さい雑誌をつくります

── まず、最近(下川町で)やっていること、考えていることを教えてもらえますか?

下川町で民泊をはじめて、それが上手くいったらゲストハウスにしたいと思ってます。そして、翼の生えたクマみたいになりたい!翼は、鳥のような風の人、クマは土着の人の比喩です。宿泊業といろいろな生業をかけ合わせて、一つの場所だけに固執せず生きていきたい。

── 立花さんらしい……(笑)。

この続きをみるには

この続き:1,113文字

これからのもとくらを考える・立花さんと

灯台もと暮らし

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。