5才児のギモン:なんでかけっこで1番にならなきゃいけないの?

我が家には5歳の男女の双子がいます。日々思いもよらないギモンを投げかけてくるので、母はけっこう必死です。が…あと数年もしたら、そんなギモンすら口にしなくなるのかもしれない。と思うと、相手をしてくれているうちはガッツリ向き合おう。とギモンの答えを一緒に探しています。

そんな今日の質問はこちら。

なんでかけっこで1番にならなきゃけないの?

3歳から保育園に通い始め今年で3年目、いよいよ今年は保育園生活最後の運動会。

運動会に向けてかけっこの練習が始まった息子が「今日かけっこで1番になれたよ。でもさー、なんで1番にならなきゃいけないの?」と尋ねてきました。

私自身子供の頃から運動が苦手だったこともあり、双子たちに「1番にならなきゃいけない」なんて言ったつもりはなかったけれど、いつの間にかそんなインプットをしてしまっていたんだなーと思うと共に、最近読んだ本で、心に残っていた文章を思い出しました。

安野光雅さんの「かんがえる子ども」に出てくるこの一節。

「一位になっても得意にならず、ビリになってもべそをかくような子ではいけない。世の中は、なんでも競争するようにできている。いま、一等になるために走るのではなくて、いつかおとなになって一等になっても得意にならず、ビリになってもくじけない、そんなプライドを持つ日のために走るのだ。」

引用:安野光雅「かんがえる子ども」2018年6月15日初版(p44)

5歳児に向けて噛み砕いて話してみると、どうやら納得した様子。

運動会ではたとえ1位になっても最下位でも、いつか大人になる日のために走ってほしいなーと願っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Hope you have a wonderful day.
20

ogi

双子から学ぶこと

子育てしながら学んだこと
1つのマガジンに含まれています

コメント4件

こんにちわ、初コメです。僕も今日運動会の記事を書いて、この記事を見つけました。いつも勝ち負けではなく自分の基準でよければいいのだと息子に言っているのですが、息子は何気に勝ち負けを気にしていて、そんなときにこの本に書いてあることを伝えられたらいいですね。有難うございました。
ことりさん
コメントありがとうございます!
やはり、勝ち負けは気になりますよね。うちは娘がとても負けず嫌いです。生まれ持った気質もあるんだろうなーと感じてます。
この本の内容は私自身とても参考になりました!そう言って頂き嬉しいです!
こんにちは。はじめまして。素敵な記事だったのでコメントさせていただきます。いつか自分が子供をもったときどうやってたくさんの大切なことを教えていこうか、勉強はなんでしなきゃいけないのか、そう聞かれた時どうやって答えればいいのかまだ分かりません。ogiさんの子どもにかみ砕いて本の内容を教えるという方法はとてもいいな、と思いました。
→ヴォヌ・ヴォヌ・コさん
コメントありがとうございます!
勉強はなんでしなきゃいけないの?確かに、難しい問ですね。我が家も小学生になるからそろそろされそうな予感…。。
本はいろんな世界に連れて行ってくれるから、私だけの価値観ではなく色んな考え方、ものの見方があるんだよ。と伝えるときにはとても助けられています!
嬉しいお言葉ありがとうございます(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。