goodroomの新店舗を見に行った

僕の趣味はよい物件探しです。日夜、素敵なお部屋情報を眺めてはニコニコしたりため息をついたりしています。そんな物件好きにはお馴染みのサイトのひとつに”goodroom”があります。デザイナーズマンションやリノベーション物件を中心に取り扱っている不動産で、そのコンセプトは「お部屋探しをもっと楽しく、もっと自由に」。一軒ずつ丁寧に取材し、自分たちの言葉でお部屋をストーリー仕立てで解説していくというスタイルが好評を呼び、熱心なフォロワーを多数獲得しています。

そんなgoodroomの新店舗が錦糸町にオープンすると小耳に挟んだのでメモ感覚でツイートしたところ、スタッフさんから「ぜひ遊びにきてください」とお声がけいただいたので、早速取材に伺うことにしました。

大きな窓が特徴的。全体的に開放感のある造りとなっている。

・販売コーナー

主な取り扱いブランドは山崎実業平安伸銅工業sarasa designmtなど。ベストセラーから新作アイテムまで幅広く揃っている。

DIY好きにはお馴染みのDRAW A LINEもラインナップ。店舗内什器としても多数使用されており、使用シーンをイメージしやすくなっている。

入ってみてまず感じたのは(想像以上に取り扱っているアイテムの量が多いし、ディスプレイもすごい丁寧だな……)ということ。だいたい店舗全体の6~7割くらいが販売コーナーとなっています。正直なところ、販売はあくまでオマケ程度で、物件相談コーナーとショールームがメインだと思っていたので、この本気具合にはかなり驚きました。聞いた話では、もともと雑貨業界で働いていた方がディスプレイやバイイングなどを担当しているとのこと。

基本的には「goodroomのスタッフが実際に使ってみて良かったものをセレクトしている」ということで、おしゃれなものや華美なアイテムより、住まいの問題を解決してくれるような実用的なアイテムが多い印象。また、ほとんどのアイテムに特徴や使用感を記載したポップが用意されていて、比較検討しながら買い物を楽しめるようになっています。ポップには良いところだけではなく、悪いところもしっかり書かれていて、(そうか、goodroomが雑貨を販売するとこういう感じになるんだな……)と妙に感心。自宅用のものを探すときにはもちろん、新築や引っ越しのお祝いを選ぶときにも重宝しそうです。

販売コーナーは主にDIYパーツやインテリア雑貨などで構成されている。目地シートなど普通の雑貨屋ではまず見かけないマニアックなアイテムも。

場所を選ばず飾れるフェイクグリーン、ギフトにもぴったりなファブリックミストなども取り扱っている。

”気になるポイント”をきちんと記載しているのがgoodroomらしい。

・ショールームコーナー

店舗の一角にはTOMOS(goodroomオリジナルのリノベーションブランド)の設備が展示されていて、大きさや細かい仕様などを確認できるようになっています。ちなみに、一番人気のオリジナルキッチンは取材段階(3/15)ではまだ用意されておらず、近日中に設置する予定とのことです。

取材中にTOMOSでお馴染みのアール状の入り口を発見。否応にもテンションが上がる。奥にはこれまた人気設備の室内小窓も。

洗面所コーナーも設けられていて、使用感などを確認することができる。

・物件相談ブース

上に載せたアール状の入り口の奥が物件相談コーナーになっています。店舗の一番奥まったところにあり、落ち着いてお部屋探しができそうです。テーブル数が2卓と少なめなので、繁忙期シーズンは必ず事前に予約してから来店しましょう。

まるでおしゃれなカフェのようなスペースで物件をじっくり検討できる。

一般的な不動産のように紙で物件を探すことも可能。

・ミニインタビュー

お客さんが少なくなった隙を見て、マネージャーの石井さんと店舗スタッフの福田さんに話を伺いました。

渡辺平日
今日はお声がけいただきありがとうございました。不動産が雑貨を販売する、それもこれぐらい販売に比重をおいた店舗を持つというのは結構珍しいと思いますが、どのような目的で出店されたのでしょうか?

石井さん
まだgoodroomご存知でないお客様に、当サービスを知っていただきたいというのが一番の目的です。現在のところ、goodroomをご利用いただいているのは単身か二人暮らしの若いお客様が多いのですが、この実店舗には幅広い年齢層の方がお見えになっていて、手応えを感じています。

渡辺平日
かなり多くのお客様がお見えになってますが、年齢層もバラバラだし、ファミリー層も多いですね。本当に客層が幅広いという印象です。

石井さん
商業施設という立地上、ご家族連れの方も多いですね。高齢者の方もかなりお見えになっています。話を少し戻しまして、入居者様とスタッフの交流の場になれば、というのも目的のひとつです。というのも、お部屋が決まってしまえば、入居者様との接点ほとんどなくなってしまいますので……。

渡辺平日
確かに、入居後は不動産とやりとりすることってほとんど無くなりますよね。それこそなにかトラブルがあったときとか……。

石井さん
はい。ですので、入居後でもふらっと立ち寄っていただけるよう、販売スペースを多めに設けています。生活する上でなにか困ったこと、例えば収納が少ないとか水回りが狭いとか、そういうお悩みがあれば気軽にご相談していただければと思います。

渡辺平日
スタッフの方が実際に使っているものを紹介しているから提案も具体的ですよね。これはあくまで個人的な見解なんですけど……。経験上、雑貨屋で働いている人で、雑貨が好きな人って意外と少なかったりするんですよね、それが決して悪いことではないんですが。でもこの店舗は雑貨だけじゃなく、生活自体にこだわりがある人が店頭に立ってるから、説得力がありますよね。これからどんなお店になっていくのか、一雑貨好きとして非常に楽しみです。……では、最後に、店舗内でおすすめのアイテムを教えて頂けますでしょうか?

福田さん
私は山崎実業のフローリングワイパースタンドがイチオシです。フローリングワイパーって必要なものだけど、ちょっと邪魔ですよね。これがあるとインテリア感覚で収納することができます。

渡辺平日
これ、むかし働いていた雑貨屋でも人気でした笑 TOMOSのお部屋とかにも合いそうですよね。goodroomとYAMAZAKIのコラボアイテムとか出ないかな……。

石井さん
私のおすすめはKomonsというブランドのマルチクリーナーです。特に香りが良いのが気に入っています。

渡辺平日
このブランドは初めて知りました。サンプルを試してみましたが本当に香りが良いですよね。和をテーマにしたパッケージも珍しい。

石井さん
実はオンラインストアを中心に展開しているブランドで、実店舗ではあまり販売されていないんです。大型商業施設では当店がはじめての取扱になります。

渡辺平日
なるほど、どおりで見たことがないはずだ。ひとつ買おうかな……(散々迷ってルームスプレーを買った)。石井さん、福田さん、今日はお忙しいところありがとうございました。


goodroom 錦糸町PARCO

住所 : 東京都墨田区江東橋4-27-14 錦糸町PARCO 2階
営業時間 : 10:00~21:00
ホームページ:https://www.goodrooms.jp/journal/?page_id=28339


お礼になにか有益な情報を…REELというレザーブランドおすすめです
38

渡辺平日

日用品を愛好しています。趣味は町歩きと物件探しと荒物屋巡り。noteでは主に買ってよかったものや気になるイベントなどを紹介していきます。雑貨相談は現在お休み中です。

#お店 記事まとめ

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。