「人の心を動かす天才:河合克仁」〜頑張る全ての人に捧ぐ心の授業〜


”世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業”応援note

「人の心を動かす天才:河合克仁」

〜頑張る全ての人に捧ぐ心の授業〜


目次

0. はじめに

1. 人の心を動かす天才:河合克仁とは?

2. 著書:#セカココ について

3. 著者の河合さんによる”リアルな心の授業”

4. 著者から一言

5. おわりに



0. はじめに


こんにちは!!大学5年生のわたる(@wataru__iga)です!!!🔥

大変お世話になっている方も、初めましての方も、いるかもしれませんが、


本note、「人の心を動かす天才:河合克仁」〜頑張る全ての人に捧ぐ心の授業〜に興味を持っていただき、誠にありがとうございます!!

本noteは、河合さんの著書「世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業」を応援する目的で、書かせていただきます。

・本をお持ちでない方は、このnoteをきっかけに #セカココ を手に取っていただけましたら幸いですし、

・本を購入した方には、#セカココ には書かれていない河合さんの魅力をお伝えできればと思います。


ということで!

今回、本noteの主人公は、皆さんご存知このお方......

人の心を動かす天才:河合克仁さん


・プロフィール↓

お金が全てじゃない/でも稼ぐから取り組める"課題"がある/コンサル会社員時代は歴代営業記録の6倍を更新→現在は世界中を飛び回る起業家・著者/6歳児パパ/筑波大非常勤講師(キャリア教育)/特技:ご縁つなぎ/何かに挑戦する人に"心のあり方・整え方"と"想いを届ける営業スキル"を伝えたい/計画的偶発性理論/愛知 豊橋市出身


著者の河合さんについては1.人の心を動かす天才:河合克仁とは?という形でこれからの本章でたっぷりと紹介していきます!!


ということで、、、本題の前に、簡単な自己紹介とこのnoteを書くことになった経緯を説明させてくだい!!

自分は、わたる/大学生「2.0」という名前でTwitterをやっています。

・大学入学後、バイトを始めるが、こんなに働いて貰えるお金これだけ?と感じる・学生団体の立ち上げ、交流会等の主催で0→1でマネタイズチャレンジ・最初は黒字だが、黒字は続かず、赤字に。(数十万損失)・圧倒的に経営力、マーケティング力を磨く必要を痛感・得意な英語 (留学前:TOEIC905)を生かして、経営を学びにいざ1年留学🇺🇸・海外で就活し、帰国後、次はケンブリッジ大学で起業を学ぶ・人生を通して、幸せのポートフォリオの形成を決意 ・現在、複数事業(教育、健康)に従事

とこんな感じです!


私は今回が2作目のnoteとなり、

1作目は「大学生2.0」というタイトルでコアラ社長(@hangyaku_koala)と共同noteを出させていただきました!(興味ある方はぜひ読んでください🙏笑)

そして、このnoteを公開した時に、、、

河合さんがこのように「大学生2.0」を読んでくれて、、、

感想までいただいてしまいました↓

これが河合さんとの初めての交流でした!
このツイートから既に、河合さんのT-up力の高さが伝わってきます。。。

ちなみに1.でより深く触れますが、河合さんは前職での営業経験・実績が物凄く、私は一方的にフォローさせていただいていた状況で、この交流をきっかけにフォローいただいたのを今でも覚えています!



そして、私が河合さんにお会いするまでに至ったのが、

河合さんの前職の先輩で、カリスマ的存在である成瀬さん(のオンラインサロン、「なるなるカレッジ」の2期生が募集された時に↓

こういった引用RTをされていて、自分はこの投稿のおかげで、忘れずになるなるカレッジに応募することができたので、、

その旨を感謝の意と共にお伝えすると、、

このように、若者を応援する企画として河合サロンに参加させていただくことになったのです!!!!😭

ただの大学生に対して河合さんはこうやって手を差し伸べてくださるのです。
この上ない喜びを感じたと共に、河合さんの懐の深さを感じました。。。


といった感じで、

「河合がられサロン」

として、オフライン、オンラインで関わらせていただけるようになりました😭

同じサロン生のみずき(@mizuki0412N)とゆーきりんさん(@yu_uy729)と共に楽しく、学び多い日々を過ごしております!😊(このお2人も本当にすごいので、皆さん要チェックです☺️)


この河合がられサロンの活動の一環として、河合さんが講師を勤められている勉強会や、河合さんの本業の講演などに同行させていただいております。

本noteでは、こうやってリアルな現場にご一緒させていただいている自分だからこそ共有できる、学びや河合さんの魅力をお伝えできればと思っております。

それでは、前置きが長くなってしまったのですが、本章をどうぞ!


〜0. はじめに・完〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



1. 人の心を動かす天才:河合克仁とは?


この章では、河合克仁さんがどういった方なのかを紹介していきます!

まずは、経歴です!

凄まじいのでご注意ください!!↓

1982年、愛知県豊橋市生まれ。

2006年、筑波大学体育専門学群卒業。同年、人材教育コンサルティング業を営むアチーブメント株式会社に入社。営業・コンサルタントとして、社長賞、MVPなどの社内表彰も多数。同社歴代記録の6倍以上の契約受注数の記録を成し遂げる。(50週連続、新規5件の契約を獲得。)

2014年4月、同社を退社。約1年間の事業考案期間を経て、2015年3月に“みらいをつくるきょういく”をスローガンにした、株式会社アクティビスタを設立。代表取締役に就任。1000名以上の経営者に会って、直接コミュニケーションを取ってきた経験を土台に、社会で活躍する人材育成から逆算した成長空間プログラム作りに励む。1万人を超える上場企業の採用・育成支援、および新規事業プロジェクト・コンサルタントとして、現場の指導、育成に取り組み、業績向上に大きく貢献する。

2015年4月より母校筑波大学では、学生向けのキャリア教育授業を担当。また、2016年4月からは人材育成と人材育成を通した未来創造型ワークショップを通して、地方創生支援事業にも携わる。


現在↓

・株式会社アクティビスタ 代表取締役

・筑波大学 非常勤講師(キャリアデザイン担当)

・内閣府 地方創生推進事務局拝命 地域活性化伝道師

・上場企業経営者勉強会 志絆塾 代表事務局


という実業家であり、大学講師でもあり、内閣府でも働かれているというパラレルキャリアを形成されている多彩なお方です😲✨(こんな人になりたいです。。)

そして、この輝かしい経歴はさることながら、
Tweetからも河合さんの素晴らしい考え方や高い品格が伝わってきます


その例として、有益Tweetを5選紹介させていただきます。どうぞ!!!↓

現状を変えたければ、、、

超活躍されている方は、、、

応援される人の特徴

目標達成論

大学生へのメッセージも...

【1児の父としても、、、

Twitterの投稿の数々から河合さんの実績や、人の良さ、教育にかける熱い想いなどがガンガン伝わってきます。

特に、行動を共にさせていただいて、人を動かす天才:河合さんの圧倒的な人間力が起点となり、前人未到の営業記録を樹立したり、経営している会社も絶好調だったりという結果を得られているのであると感じております!


3章. 著者の河合さんによる”リアルな心の授業”   にてより詳細を記載できればと思っております!!


そして、こういったズバ抜けた人間力を持つ河合さんが、Nami Bardenさんと共に書いた本: セカココ について、続く2章.に記載していきます😊


〜1. 人の心を動かす天才:河合克仁とは?・完〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2. 著書:#セカココ について


この章では、本noteで応援させていただく本である、、

世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業

についてのまとめや学びを共有させていただきます。本書から抜粋しておりますので、一度読まれた方からすると重複する部分もあると思いますが、その点はご了承くださいませ。


「どれだけの富を得ても、大成功をおさめても、素晴らしい家庭を持ったとしても、自分の心と向き合わない限り、私たちは穏やかに生きられない。
世界的企業のCEO、ウォール街の大物投資家、アラブの王族などが集まるインドの教室――。
そこで学ぶのは、怒り、悲しみ、プライド、恐れ、焦りを消し去り、「美しい心」をつくる方法。
心を理解することから、すべては始まる。」


〜「はじめに」〜

「私たちが「心の授業」で何を学んだかというと、

一言でいえば「心を苦悩の状態から、美しい状態に戻す方法」です。

たとえば、失敗を恐れたり、落ち込んだり、イライラを人にぶつけたくなったり、自分より成功している人を見るとうらやましいと思ったり、自信をなくしたり……。

そのようなネガティブな感情や自信の喪失、悩みは、なぜ起きるのか?
心の授業では、それらは「すべて自分の問題である」と教えてくれます。
相手がどうこう、環境がどうこうなのではない。心に起きるすべてのことは自分の問題である。他人をどうするかではなく、自分のあり方に目を向けることで問題を解決していくことができるのだということを、時間をかけて学んでいくのです。
人への苛立ちなど、どう考えても相手を変えるしかない、というような状況でさえも、心の中に意識を向け、奥底に潜む苦悩の正体を見つめていくと、本質的なところは他人の問題ではないことがわかります。

そして、その正体を特定することで、それまで悩んできたのが何だったのだろうと思うくらい思考がクリアになり、憑きものが落ちたように心がきれいに晴れる瞬間が訪れるのです。

仕事や家庭での人間関係、仕事へのプレッシャー、お金の問題、老いや病気への不安、何十年も悩み続けてきた親との関係など、どんな問題を抱えていたとしても、根本的に解決することができるのです。
酸いも甘いも経験してきた億万長者たちや、誰もがその実力や存在を認める一流たちが、なぜ心の学びにたどり着くのか?
その答えは、自分の心を知ることから、すべてが始まるから(本来のスタート地点だから)なのです。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


世の中の億万長者の方々や世界中のいわゆる高学歴卒のエリートの方々には、地位や名誉、お金など、人生が豊かそうな方々でも、
心の悩みを抱えている方もいて、、、本質的には人生が豊かでない方もいるのが事実だそうです。

この現象はダックシンドローム(Duck Syndrome)と呼ばれています。: 人生が一見上手くいってそうでも、心のうちでは大きな精神的葛藤がある状態。

実は、こういった精神的葛藤は、億万長者でも高学歴エリートでもない、普通の大学生である自分でさえもあります。

大学生で社会的責任も抱えておらず、周りの知人・友人からお前の人生幸せそうだよなと言っていただける自分でさえも抱えている悩みやコンプレックスがあります。

悩みのない人なんていないのです。


そんな多かれ少なかれ悩みを抱えている人々に、本書では、

苦悩の心の状態から美しい心の状態になるための

"4つのステップ"

が提案されています。


まず、この4つのステップの話に入る前に、

本書に記載されている”心の状態”の定義をご紹介致します。

本章では、心の状態は2種類であると書かれています。

それは、

①美しい心の状態と②苦悩の心の状態。


①美しい心の状態: 美しい意識状態
心に何の曇りもないスッキリとクリアな感覚
目の前のことに集中しているときはネガティブな感情が一切生まれない。
目前で起きている問題に対して、すべきことが直感的に浮かび、迷わず判断できる。といった心の状態。

一方で、

②苦悩の心の状態: 美しい心の状態以外の状態
苦悩の状態にいるとき、自分中心にしか考えられなくなる。
今に集中できておらず、過去や未来を見ている状態→ I conscious(自己中心的)
といった心の状態。

心の授業の目的は、 苦悩の心の状態から美しい心の状態へすること。
I conscious(自己中心的な意識)
One conscious(皆を1つと捉えている意識)へ変えること。


そして苦悩の心の状態から美しい心の状態へ変える方法である4つのステップは、、、

〜4つのステップ〜

①気づく
自分の心の状態が苦悩の状態であることに気づく

②観察する
頭の中をめぐっている心の声を見つける

③苦悩の状態を知る
自分中心の思考に気づき、自分がしがみついている理想像を特定する

④正しい行動を考える
自分や相手にとってふさわしい行動をする**


というステップで書かれています。

もう少し具体的な方法は...


①気づく
自分がネガティブな感情=苦悩の心の状態であることに気づく。
これは本人が執着している理想像が苦悩を作り出している。

②心の声を聞く
心の奥底にある深層意識を、絞り出して理解する。
ステップ
1.目を閉じて背筋を伸ばして座る。
2.頭の中をかけめぐる心の声を15個以上あげる。**
⚠️この時、その思考が正しいかどうかとか良し悪しを評価したりせず、ただ見つける。**
⚠️
3つや5つではなくて最低15個以上見つける。

③苦悩の正体を知る
ステップ
1.②で挙げた心の声のうち、どれくらいの割合が自己中心な意識(I **conscious**)から生まれたものかを考える。
2.その共通点から自分がしがみついていた理想像を見つける。
3.理想像=苦悩の正体を発見したと同時に自分が理想像に縛られていたことに気づき、気持ちが楽になる。

④正しい行動を考える
自己中心的な意識から離れ、相手やまわりを視野に入れた行動や、自分が本来やりたいと思っていることに沿った行動、その瞬間にふさわしい行動を考え、それを行動に移す。


例えば、自分であれば、同年代の方で自分よりも活躍されているのを見たりすると、いいなぁって感情であったり、自分はなんであの人たちみたいになれないのだろう。。。などとネガティブな感情を抱くことがありました。

しかし、この本を読んで、苦悩の心の状態から美しい心の状態に変えるための4つのステップを知ったことで、
「自分は同世代の中でも優秀な人間でありたい」という感情であったり、「完璧な人間でありたい」という理想像に縛られていることが分かり、優秀だったり完璧でありたいと考えていることがバカバカしくなり、気持ちが楽になりました。そして、これからは自分がどうしたいかにより重きを置いて行動していきたいと考えるようになりました。


自分の場合は、大学生という属性ですが、
経営者や会社員、主婦の方々などのそれぞれ異なる属性の方々に対しても、自分が縛られている理想像は何だろうと考えることによって、苦悩の心の状態から解放されると記載されております。
本書では、いろんな属性の方々のエピソード・抱えていた悩み、実際に4つのステップを行う過程や行った結果などが幾つものパターンに分けられて、記載されているので、様々なケースにおいて美しい心の状態になる方法を知ることができると思います。


また、著書 #セカココ には美しい心の状態にするために大変役に立つ”メディテーション(瞑想)”の方法も記載されています。自分も電車の中などでこの”メディテーション(瞑想)”を実行し、心を整える時間を意識的に作るようになったことで、一つ一つの物事に取り組む際にしっかりと集中して向き合うことが可能になり、効率の向上に繋がったと考えております。



具体的なエピソード例や”メディテーション(瞑想)”方法などの続きは本書をご参考ください。(https://www.amazon.co.jp/dp/B07JQ4FJFN/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1


〜2. 著書:#セカココ について・完〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


3. 著者の河合さんによる”リアルな心の授業”


ここからは、著書 #セカココ に記載されていない、
株式会社アクティビスタの代表取締役として河合さんの、本業の研修や勉強会に同席させていだだいて得た学びを”リアルな心の授業”と題して共有していきます☺️

この章は、

〜考え方・マインドセット編〜

〜変わりゆく時代編〜

〜仕事で活かせる!幸せを呼ぶコミュニケーションスキル編〜

〜心の授業: 美しい心vs苦悩の心編〜

と題して、書き記していきます!!

こちらがこのnoteの中でも、メインパートです!河合さんが未だツイートされていない内容もあり、リアルの場に同行させていただいたことによって得られた大変貴重な情報であると考えております。🙏


〜考え方・マインドセット編〜


🏫1. 3つの指導方法🏫

日本の学校では、

決められた学習指導要領に沿って、
与えられたテキストで、
先生が教壇に立って、黒板に書いて、
生徒がメモを取って、、、

という一方通行のティーチングの形が一般的。

しかし、時代が変化していくに連れて指導の
一方通行のティーチングのスタイルだけでなく、

〜双方向のコミュニケーションであるコーチング〜

〜参加者がプレイヤーとして場を整えるファシリテーション〜

伝えたいことによって、
学習の規模感によって、
感じて欲しいこと・得て欲しいスキルによって
最適な指導方法を選択することにより、より良い学びに繋がる。と河合さんは仰っていました。



🏫2. 聞く、見る、体験する🏫

ここで一つ参加型の河合さんからの学びを共有させていただければと思います。

河合さんが実際にセミナーの参加者の方々の心を掴んでらっしゃったので、
ぜひ、みなさんもトライしてみてください。

みなさん、紙とペン。をご用意ください。


それでは、いきなりですが、
「1円玉を見ずに、1円玉の大きさの円を書いてみてください。」

どうぞ!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




Thinking time.....





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


みなさん書けましたでしょうか??

それではお手持ちの1円で、円のサイズが合っているかどうかを確認してみてください。

思ったより、小さく円を書いてしまった。。。という方が多く、
大きめの円を書いてしまったという方もいらっしゃるかと思います。

実は自分も河合さんのセミナーで実際に行ったのですが、、、小さく円を書いてしまったという結果に。。

1円はほぼ毎日見ているのに、いざ、形を思い出そうとするとあやふやで。。

こういったことはこの1円の例だけでなく、情報があふれたこの社会では頻繁に起こることであると河合さんは仰ります。


「私たち人間は、基本的に

・聞いたことは忘れる

・見たことは覚える

・体験したことは理解する

という習性を持つのです。

自分が話には聞いていて、頭ではできると思い込んでいることも体験していなければ、「できる」のレベルまで理解できていない可能性もあります。

これを踏まえて学んでいくと自分の中で、より腑に落としてその物事を理解することにつながり、学んだ情報をアウトプットする際にもより質の高いパフォーマンスを発揮することができると思います。」

聞くだけより、見る。
見るだけより、体験する。
改めて実際に体を動かして体験することの大事さを感じたお話でした。



〜変わりゆく時代編〜

🏫3.VUCAの時代🏫

これまでは、決められた目標をしっかりと達成することが求められていました。

・与えられた学校のテストで良い点を。

・入試のために勉強をする。

・与えられた仕事をこなす。

しかし、受け身の時代は終わりに近づいており、時代は大きな変化を遂げつつあります。そして変化し続けるのは徐々に当たり前になってきています。

こういった時代を表す:「VUCAの時代」
という言葉を河合さんはご紹介されていました。

・Volatility   ー 変動性
・Uncertainty   ー 不確実性
・Complexity   ー 複雑性
・Ambiguity    ー 曖昧さ

このVUCAは上の4つの頭文字であり、社会や変化はこれらの特性があるため、

正解がないことにトライしていかないと、社会や世界の変化に置いてかれてしまう。というメッセージであると私は感じました。

これから、今まで言われてきた、いわゆる一般的な人生というような形で生きていくことは時代的に難しくなっていくことを再確認できたお話でした。


🏫4.数字で見るこれからの世の中🏫

3.で挙げたVUCAの時代に続いて、次は数字を元に、これから来る未来について河合さんが述べられていたことについてご紹介致します。

・人生100年時代:人間は109歳まで生きる?

「現在の会社などでは、65歳に定年退職を迎えるのが一般的です。

しかし、年金受給が確実にもらえる保証もない中で

寿命だけが伸びたりしたら、

お金が足りなくなるかもしれません。。。

こういった経済面などを含めて、20歳、30歳、40歳、50歳...90歳、100歳といったように自分の人生を考えて、長期的なライフプランをたてるのは必須であると思います。」



・職業が大きく変わる?...

河合さんに教えていただいた中でも大変驚いたのが、

”2011年度アメリカの小学校入学者の65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就く。”

という事実です。

2045年問題やシンギュラリティというキーワードでも世を賑わしているようにAIによる業務の代替や従来の仕事の効率化は世の中を劇的に変化させています。

十数年後に65%もの仕事が代替されているとしたら。。と考えると、

自分が自分の生を全うできるように、邁進し続け、

来たる大きな時代の変化に対して、柔軟に対応できるように準備していく必要性を痛感しました。



〜仕事で活かせる!幸せを呼ぶコミュニケーションスキル編〜



🏫5.Good and new🏫

これは自分も勉強会で体験させていただいた、

ミーティングなどで役に立つアイスブレイクスキルをご紹介します。

やり方はシンプルで↓

「24時間以内に起こった自分の新しい and 良かったことをみんなに共有する」

これだけです!

ある河合さんのお客様のオフィスにて、

40~50代の方々が中心の勉強会を行った際に

河合さんはこのアイスブレイクを導入されていました。

40代,50代の方々が参加されていたため、

会場の雰囲気はずっしりと落ち着いていたのですが、

このGood and Newを行うことで、

・今日は早く起きれて、妻のコーヒーを飲むことができた。
・タクシーをSuicaで支払いできた。
・お昼をおごってもらった。

などなどみなさんが小さな幸せを共有していくことで、

固い雰囲気が徐々に柔らかい、アットホームな雰囲気に変わっていきました。

このテクニックも素晴らしいのですが、

こういった雰囲気づくりを促すような河合さんの発言一言一言に頭の回転の速さや相手の方を想いやった言葉選びには感銘を受けました。


🏫6.Who are you? 🏫

そして、5.のGood and Newに加えて、よりお互いのことを知れる河合さんのアイスブレイクテクニックを共有させていただきます。

方法は↓

・二人ひと組になって、
お互いに 

A「Who are you?」

B「自分は〇〇です。」

を10往復くらいする。というものです。

例えば

河合さん「Who are you?」

わたる「自分は大学生です。」

わたる「Who are you?」

河合さん「私は1児の父です。」

河合さん「Who are you?」



といったようにお互いが何者なのかを聞いていくというものです。

初めは仕事上の肩書きだったり、仕事の話をお互い言い合いますが、

10往復もすると、お互いネタが切れてきて、、笑

お互い、普段あまり話さないプライベートの話などを話し始めます。

こうやって仕事の関係だけだと見えない部分も見えてくることでグッと相手との距離が縮まるというテクニックで、

河合さんが、このテクニックと圧倒的なコミュニケーション能力で、アウェーの雰囲気のセミナーをホームの雰囲気に変えていく様は本当に圧巻でした。


🏫7.質問の力🏫

河合さんの人間力の高さを構成する一つの要素として、

”言葉の選び方”があると、わたるは考えています。


例えば、河合さんが例としてあげられていた
部下がミスした際の対応についてのお話をご紹介。

相手のミスに対して、

「なんでミスしたんだ!なんでそういうことが起きるんだ!」

と責めるのではなくて、

「もう一回できるとしたらどうやったら改善できると思う?

という聞き方をされるらしいのです。

相手のミスをただただ責めるのではなくて、
再発を防止するために、自分で考えさせることで、
ミスをただのミスで終わらせず、その人の学びを促す工夫が施されているのです。。

自分は人の優しさやその方の本性は、とっさの出来事や予期せぬ出来事への対応として細部に宿ると考えております。

河合さんは言葉選びという点でも、細部までお心遣いをされる方で、河合さんは”人”としても強く尊敬の念を抱いております。


〜心の授業: 美しい心vs苦悩の心編〜


この章では、#セカココ の内容に沿って、河合さんから得た学びを共有させていただきます。(p.63ページのそれぞれの心の定義のページを参照していただくとより深い理解に繋がるかもしれません。)


🏫8.「今」に意識を🏫

多忙な日々をお過ごしになられている方々は、

「今」よりも、

・家族と朝ご飯を食べている際に、次の会議についてを考えたり
・逆に仕事をしている時に、奥さん・旦那さんとのゴタゴタについて考えたり

「未来」を意識してしまっていることもあるかもしれません。

河合さんからの学びとして実践させていただいているのが、

ランチや一杯のコーヒーなど、
日常生活の中の一瞬だけでも「今」に意識を集中させることです。

せっかくの「今」の楽しい時間を「未来」を考えることで埋め尽くしてしまうのは大変もったいないと感じるようになりました。

こうやって一瞬一瞬、「今」を大切にしていくことが、長期的な幸せに繋がるのだと、心から思います。


🏫9.「自分」の幸せを追求しよう🏫

人の幸せと比較したりせず、自分の幸せを追求することの大切さを河合さんは説いています。

「人はそれぞれの環境で育ち、それぞれの価値観を形成してきています。

それぞれ一人一人に沿った、幸せの形があっていいのです。」

幸せについては、慶応義塾大学SDM、前野隆司先生の”幸せの考え方”を河合さんはご紹介されていました。

それは、

長続きしない幸せと長続きする幸せです。

「長続きしない幸せとは、お金や地位とかの地位財を得ることから得られる幸せ

一方で、

長続きする幸せとは、安心感や大切な人といる嬉しさなどの非地位財から得られる幸せを言います。

お金や地位がある状態は幸せを構成するかもしれません。

しかし、それが全てではないということですね。

お金が多くあるわけではないけど、日常で感じる小さな幸せを感じて、ラッキー、今日もいいことあったなって考えられるようになった方が実は幸福度が高いかもしれません。」


🏫10. ありがとう。という言葉🏫

日頃頻繁に聞く、ありがとう。という言葉の捉え方が変わったのも、河合さんとご一緒させていただけたからだと思います。

”ありがとうの反対は当たり前。”

世の中に、当たり前は存在しません。

それは、あらゆることを主体者として捉えると変わります。

例えば、勉強会一つとっても、

・講師用にお茶が用意されていた←どなたかが用意してくださった。
・カラーで資料が印刷されていた←白黒じゃなくてカラーで印刷してくれた。

”全てのありがとうの裏には、その方が真心を込めて取ってくれた行動がある。”

世の中には、当たり前はないのです。

感謝を忘れずに生きましょう。」


私はこのお言葉は、今後の自分の人生を左右するような金言であると感じ、これを強く胸に刻みました。



いかがでしたでしょうか?

私が河合さんからいただいたものを少しでも本noteを読んでいただけた皆様に共有することができておりましたら幸いです。




〜3. 著者の河合さんによる”リアルな心の授業”・完〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


4. 著者から一言


河合さんから、本noteを読んでいただいた方々へ、一言いただいております。

【200冊】

これは1日に出版される書籍の数です。
(様々なデータもあるそうですが^^)

1年で約7万冊。

こんなたくさんある書籍の中で、何かをきっかけに僕たちの書籍のことを知っていただけたならば、本当に嬉しいことです。

そして、本を通して新しい出逢いに感動をしている3ヵ月です。

ツイッターを通して知り合い、このようにnoteを書いてくれた、わたるくんとも、書籍がなければこのような繋がりにはなっていなかったかもしれません。

大事なことは分かってるけど、捉えづらく、自分ではコントロールしづらいけど、日々の幸せを考える上で大切な「心」。

僕はこの10年間でたくさんの”成功者”と言われる方々に会う機会に恵まれました。

しかし、
偉大な成功者と億万長者になったとしても、悩みはあって、幸せってなんだろうね、、、という話を何人からも聞いてきました。

その”幸せ”を感じる「心」の整え方をできる限りシンプルに、そして再現性が高い方法をNamiさんと共にまとめたものが書籍”「心」の授業”です。

書店などで見かけられたら、是非手に取って頂ければ幸いです。

一人でも多くの方の毎日のハッピーに貢献できることを願っていますし、質問などあればツイッターなどでも気軽にコメントなども下さいね!


河合克仁




〜4. 著者から一言・完〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5. おわりに


本noteを最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

私は大学生という身分ながらに大変多くの方々とお会いすることができ、

特にその中でも可愛いがっていただいた河合さんには、多くのことを学ばせていただきました。本当に、心から感謝申し上げます。

このnoteを書くことで、著書であるセカココ が多くの人に知ってもらい、河合さんからお預かりしたご恩を少しでも返す、または他の方にご恩を送ることができればと思い、本noteを作成致しました。

本noteを通してその河合さんの素晴らしさを少しでも多くの方に伝えることができたのであれば、幸甚に存じます。


河合さんの著書 #セカココ は都内を中心に書店などで展開されています。

もし書店に寄る機会がございましたらぜひ手に取っていただけたら嬉しいです☺️

(↑なんとこの書店では全ビジネス書のランキングで1位!!!)


ここで最後に、ラーニングピラミッドの話をさせてください。

下の図のように、学んだことを理解する=学習定着率を最も高められる方法は他人に教えることだと言われています。

読んでいただいた #セカココ についてや本noteについてを
Twitter(河合克仁さん:@kawai_edu)での引用RTや
Amazonレビュー(https://www.amazon.co.jp/dp/B07JQ4FJFN/
でアウトプットし、「他人に教える」ことで 学びがしっかりと定着されるのではないでしょうか?😊

(特に、先日、#セカココ についてのAmazonレビューを書いて差し上げたら大変喜んでいただけましたよ!✨)

このnoteを通して何か得られるものがございましたら、幸いです。


重ねてになりますが、

本noteを読んでいただき、誠にありがとうございました。

Twitterなどでも引き続き、宜しくお願い申し上げます。



わたる(@wataru__iga


〜5. おわりに・完〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「大学生2.0」の広報に使用します。 ご支援、宜しくお願い致します。

スキありがとうございます😊🤩
47
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。