2016年前半につくった短歌

 Twitterとは。

挨拶も交わさず星を贈り合うのが今日のコミュニケーション

つぶやきが君のアンテナ掠ったら黙って星を光らせなさい

ソーシャルな愛を安売りしたくないぼくらに星を返してほしい

液晶の窓に浮かんだ文字だけの弱い絆がぼくらのすべて

   *     *     *

 飲み会ぼっち。

饒舌な酔いどれ人に囲まれてぬるむ刺身を噛み締めた夜

   *     *     *

 地球照の夜。

三日月の欠けた部分を照らしてる地球の光のぼくらは一部


   *     *     *

目が覚めた後に出かけるあてもなく ぼくの前には空だけがある

   *     *     *

 絶望生成過程。

化学室観察日誌普遍的絶望生成過程報告

たましいがしずかに凍りついたあとゆるりと融けて絶望となる

   *     *     *

 観察され短歌。

この夏はあの子の庭の朝顔になって観察されていました

ぼくよりもきみの方こそアルマジロ珍獣決定戦で勝負だ

   *     *     *

 夢三首。

夏の夜の夢と夢とが混線し溶けあって壮大な宇宙史に

受信する夢と夢とのあわいには地球のための小さな祈りを

夢を見ている夢をみている夢を見ている夢をみている私

   *     *     *

帰るべき巣をつくれない僕たちに夜のひかりはいつもやさしい

ミネルヴァの梟は飛ぶ息絶えた坑道のカナリアの墓標へ

この森にさざめく声をかき寄せて祈りにかえる八月の魔女

楽園を追われたけれど知恵の実を齧ったことは悔いたりしない

スケルトン自動車走る透明な生き物が棲む島をめざして

蒼天を駆ける空色飛行機は世界を青に導くだろう

メロディになりそこなった雨音を拾いあつめて降るラグタイム

悪役になりきれなくてきらきらと緋色の羽根を振り撒くぼくら

(走れない)地球の重力1Gが1.5Gになる月曜日

ト短調の吐息と寝息だけ乗せて終バスはゆく夜の向こうへ

ピアニシモの吐息でしゃぼん玉を吹くようにやさしい沈黙(しじま)がめぐる

帽子から次々跳び出す鳩や花、リボンのように語りあいたい

お喋りな君の指から蝶々が舞い降りてきてこの指とまれ

歩いても歩いても家に帰れない夢から醒めたあとの秒針

人の世の蜜に焦がれた咎ゆえにこの地に生きるわれら流刑囚

空想の裡(うち)に重ねた罪を知りつつ裁かない天日(てんじつ)の眼は

バーゲンセールにされた世界を生きている魂さえも稀釈しながら

倫理学教師が夜ごと訪れて花を散らしてゆく裏通り

降りそそぐ龍の涙を掌(て)に受けて沁みゆく爬虫類のにおいに

火星発アラームも犬の呼び声も巻き込んで夏蟲交響曲(なつむしシンフォニー)

アンドロイドの踊り子たちは偽りの楽土の夢を舞いながら散る

蟲や樹の御魂がヒトに輪廻する秘史を忘れて虐殺の庭

冥闇(くらやみ)の淵に彫られた傷痕が花になる日を待ち焦がれてる

木洩れ陽も猫も私も生塵もすべて一つになるeuphoria


☆参照: http://newmoon555.jugem.jp/?eid=514

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

感想などコメントいただけると嬉しいです! 短歌を気に入ってくださった方、よかったら投げ銭お願いします☆ Mail: fanatic_sweets666☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)

Vielen Dank!
7

瑞木理央

自作短歌一覧

noteで公開済みの自作短歌をまとめました。

コメント2件

ぼくらには弱い絆もあるけれど
強い思いと心もあるよ

字余りを無くそうとしてはや思案
難しくてもがんばつてみる


歌を見て考えるのは好きだけど、字余りが気になって没入しづらいので詠んでみました。
難しいですね。
山田◎σ さん、フォローありがとうございます!
近々ブログの方で告知するつもりでしたが、告知前にフォローしていただいて、ビックリしました。

短歌でコメントくださるなんて、粋ですね〜。
私の短歌は、字余りはそれほど多くないと思うんですが(句またがりはそこそこあるかも)。

今後ともよろしくお願いします♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。