【連作短歌】蟹と闘う

繰り延べた死を思い出す前夜祭 診察券は財布に入れる

いつもとは違う路線の地下鉄に乗る乗り換えるここが戦場

本日の受付番号、平安京遷都と1番違いで惜しい

フルネーム何度も問われ何度でも答える喉がやや縺れつつ

皮膚を破り侵入者として血液を奪う針から目を逸らしてる

やわらかなからだに傷をもつ人が固まりながら待つ白い部屋

ペパーミントグリーンの声で話す医師はわたしの不安を食いとめる役

「問題はないです」なんて異常値の腫瘍マーカー見せて主治医は

注射器が小さな戦士を送り込む 蟹に侵され傷んだ骨に

病院の午後のひかりは淡くなるゆるやかになる 少しだけ眠い


◎初出: http://newmoon555.jugem.jp/?eid=522


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

感想などコメントいただけると嬉しいです! 短歌を気に入ってくださった方、よかったら投げ銭お願いします☆ Mail: fanatic_sweets666☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)

Vielen Dank!
6

瑞木理央

自作短歌一覧

noteで公開済みの自作短歌をまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。