【短歌】小さな手紙

桜餅の葉にふくまれた塩分があした私の涙にかわる

ノラ猫に生まれかわって来世では煮干しが泳ぐ海辺で暮らそう

薄闇の底に光はしらしらとあなたの石を照らしはじめる

家じゅうを探しまわって見つからず開けた窓から来る青い鳥

冬の日のこころの淵につもる雪 月には月の道があるから

絹さやのすじを引きつつきららかな翠(みどり)の風をわたしに招く

渡り鳥のように世界を翔けめぐる未来の文字も雨に滲みるか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ブログを通じて交流のあった、桜餅の葉っぱさん、ノラさん、しらさん、青い鳥さん、雪月さん、絹さやさん、ミルカさんのお名前を短歌に詠み込んでみました。
☆参照: http://newmoon555.jugem.jp/?eid=528


   *     *     *

すずやかな銀杏並木が黄水晶(シトリン)のしずくを散らすあきかぜの道

 Twitterで交流のあった、あきかぜさんに。


   *     *     *

◯人名折句

水に舞う瑞鳥の羽(はね)はろばろと来世を照らせ紫苑いろの灯(ひ)よ

背中には翔べないままの泣きそうな翼があった ここだけの呪詛


☆参照: http://newmoon555.jugem.jp/?eid=536


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

感想などコメントいただけると嬉しいです! 短歌を気に入ってくださった方、よかったら投げ銭お願いします☆ Mail: fanatic_sweets666☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)

Thank you so much.
11

瑞木理央

自作短歌一覧

noteで公開済みの自作短歌をまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。